ボタニカルシャンプーの成分を比較?解析結果から市販でおすすめは

   

ボタニカル

人気沸騰中のボタニカルシャンプーです。

市販でもドラックストアなどでよく見かけるようになりました。

たくさんあってどれが髪にやさしいのか迷っていしまいますね。

人気のボタニスト・ビオリス・ボタニフィークの成分解析してみましょう。

比較からわかる本当にお勧めのボタニカルシャンプーはどれなのかがわかりました。

Sponsored Link
 

ツヤ髪薬膳トレーナーのなおです。
本日も髪の毛に関するワクワクする発見をお届けしていければと思います。

薄毛・抜け毛対策として食事と育毛剤で取り組み成果も順調に出ています。

順次、効果のある食べ物やケア対策もご紹介中ですので参考になればと思います。

嫁様が本気で選んだ効果的な育毛剤がなかなか良い調子です。

今回のツヤ髪テーマは、こんな疑問をお持ちの方に方におすすめです!

ボタニカルシャンプーは安心ではないの?

ボタニカルシャンプーで人気のシャンプーは?

ボタニカルシャンプーの成分比較してみたいけど?

どれがお勧めのボタニカルシャンプーなの?

 

☆ボタニカルシャンプーは安心ではない

ボタニカルが流行っていますね。

植物由来の優しいイメージやボトルデザインのシンプルさが今の女性の心をつかんでいるようです。

 

天然素材で髪の毛や頭皮にやさしいシャンプーは女性の髪の悩みの対策としても効果的です。

近年、女性の薄毛や抜け毛も若年化して若いのに髪の毛で悩まれている方も増えています。

 

そこまでひどくなくても髪のパサつきやダメージでまとまらないと嘆いていられる方も多いようです。

シャンプーを変えればといろいろ試してみてもなかなか満足のいくものに出会えないシャンプージプシーなんて言葉も生まれています。

 

そこにボタニカルという新しいジャンルが登場すれば期待もしますよね。

しかし、このボタニカルという言葉は実はとっても企業にとって都合の良い言葉なのです。

 

注意しないとうまく乗せられてしまうこともありますのでご用心を。

そんな手口に騙されないように今ドラックストアなどで目立っているボタニカルシャンプーの成分を徹底比較してみました。

比較したシャンプーは。「ボタニスト」「ビオリス」「ボタニフィーク」です。

 

本当に値段と効果がバラバラでしっかりチェックしないといけないということがわかりましたのでお楽しみに。

どれがお勧めなのかもわかりましたよ。

 

ボタニカルとは

まずはボタニカルという言葉がどのようなときに使われるのかを知っておきたいですね。

 

ボタニカルという言葉は「植物の」という意味になります。

 

オーガニックよりもより広義的な意味合いで使われます。

オーガニックには栽培方法など細かな規定がありますがボタニカルという言葉には特にこれといった決まりはないようです。

 

つまり植物性のものが含まれていれば何でもボタニカルといえてしまうということです。

 

ボタニカル > オーガニック

 

これは一番多い成分でなくてもよいのでかなりあいまいな言葉といえます。

裏を返せば企業は少しでも植物成分を入れればボタニカルといえるので流行りに乗せて販売できるということです。

 

 

私たちはしっかりと成分を検討しなければならないという負担(危険性)ができてしまったと考えられます。

 

ボタニカルだから安心ではない

今回それぞれの成分を解析してみて判明しましたがやはりボタニカルシャンプーを選ぶことはより難易度が上がっていると思いました。

 

成分も価格もバラバラでボタニカルといえば高く売れるというものもありました。

細かく見ていくともう憤りを感じるものもありましたので残念です。

 

ボタニカルという言葉に踊らされないでしっかりとしたシャンプーを選んでいただきたいです。

 

Sponsored Link
 

☆ボタニスト・ビオリス・ボタニフィーク成分比較

ドラックストアなどでも比較的目立つように陳列されている人気ボタニスト商品です。

中でも目につきやすい「ボタニスト」「ビオリス」「ボタニフィーク」の成分をそれぞれ比較解析してみましょう。

 

驚きの事実が見えてきました。

 

ボタニストの成分

ボタニカルシャンプーの人気を広めたともいわれる元祖ボタニカルシャンプーです。

シャンプーでは珍しい石鹸系シャンプーに分類されますが基本的にはアミノ酸系の効果が期待できます。

 

 

お値段は1400円(税抜き)です。

 

成分は次のようなもので構成されています。

水、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウラミドプロピルベタイン、ラウロイルサルコシンNa、ラウレス-4カルボン酸Na、ココイルグルタミン酸Na、デシルグルコシド、グリチルリチン酸2K、サトウキビエキス、セラミド2、PEG-30フィトステロール、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、コカミドMEA、リンゴ酸、ポリクオタニウム-10、エタノール、BG、DPG、セテアレス-60ミリスチルグリコール、PPG-4セテス-20、EDTA-2Na、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料

 

と並べられてもなんだかわかりませんよね。

字の色を変えた成分が洗浄成分で注目したい成分です。

コカミドプロペルベタインなど青黒字のものは低刺激で優しい成分の洗浄剤です。

 

太黒字部分は石鹸成分ですね。

 

配合を見るとかなりまとまった良いシャンプーといえるのではないでしょうか。

 

しかし、石鹸成分で洗うというキャッチコピーとしてはいささか疑問が残ります。

 

石鹸成分は9番目のラウレス‐4カルボン酸Naになるからです。

 

それでも頭皮にやさしい成分であることには変わりありません。

全体的にはアミノ酸系シャンプーに近いのではないかと思われます。

 

いろいろな洗浄剤が入っていますがやはり洗浄力があまりないといえるでしょう。

一緒に使うコンディショナーやスタイリング剤によっては髪に重さやべたつきを感じるようになる方がいるようです。

 

洗い方をマスターしないと使い方が難しいかもしれません。

 

ボタニストについて詳しくはこちらにまとめてあります。

ボタニストシャンプーの口コミ不評な理由は?使い方や選び方が大切

 

ビオリスの成分

女優の新垣結衣さんを起用したコーセーのボタニカルシャンプーです。

ノンシリコンでコールドプレス製法など売りが多い点が特徴的です。

 

 

また3つのシャンプーの中で唯一1000円を切っている点も経済的な負担を考えると手が出しやすいといえます。

 

ビオリスのお値段は793円(税抜き)です。

サイトによってばらつきもあるので800円前後と考えておけばよいかと思います。

 

水・スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na・コカミドプロピルベタイン・ココイルメチルタウリンNaPPG-2コカミド・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・ラウレス硫酸Na・アルガニアスピノサ核油・アルテア根エキス・ウイキョウ果実エキス・オリーブ果実油・カニナバラ果実エキス・セイヨウハッカ葉エキス・トウキンセンカ花エキス・ホホバ種子油・ホホバ葉エキス・ラベンダー花エキス・加水分解ダイズタンパク・BG・EDTA-2Na・イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油・イソプロパノール・オリーブ脂肪酸エチル・クエン酸・グリセリン・ココイルグルタミン酸TEA・ポリクオタニウム-10・ポリクオタニウム-7・ラウリン酸PEG-2・亜硫酸水素Na・塩化Na・フェノキシエタノール・メチルパラベン・安息香酸Na・香料

 

成分的には700円台でこの名用はかなり良いと思われます。

特に太青字の成分はアミノ酸シャンプーでよく使われる刺激の少ない成分になっています。

 

泡立ちもよく低刺激であるといわれるスルホコハク酸(C12-14)パレス-2Naで洗い心地を上げていると思われます。

 

しかし、ラウレス硫酸Naも入っている点は少し残念です。

が、順序的に量はそれほど多い比率ではないでしょう。

汚れが落ちないという不満を防ぐために含まれると推測します。

 

成分としてはビオリスはかなり秀逸といえるのではないでしょうか。

ビオリスについてはこちらに詳しくまとめてあります。

新垣結衣CMコーセーボタニカルシャンプーの成分は?口コミや価格

 

 

ボタニフィークの成分

最後はLUXのボタニフィークです。

 

 

お値段は1400円(税抜き)ですのでボタニストと同じくらいの価格帯ですね。

しかし、成分的にはかなり劣るといわざるをえません。

 

成分は次のような配合になっています。

 

水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、塩化Na、カニナバラ果実油、ハス花油、ダマスクバラ花エキス、ガリカバラ花エキス、ソケイ花エキス、アルガニアスピノサ核油、パルマローザ油、アンズ核油、ヤシ油、ハッカ葉油、アーモンド油、セリシン、アルギニン、酢酸トコフェロール、グリセリン、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-10、ビサボロール、ペンチレングリコール、PPG-7、PEG-40水添ヒマシ油、トリデセス-9、クエン酸、乳酸、水酸化Na、EDTA-2Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、ソルビン酸K、香料

 

「ラウレス硫酸Na」が一番多い成分です。

2番目にはコカミドプロピルベタインというアミノ酸成分が来ていますがラウレス硫酸Naで台無しでは?

 

洗浄力は上がりますが結構髪の毛がきしむことが予想されます。

 

洗浄成分でもかなり負担の大きい成分としてできれば避けましょうとこのブログをはじめヘアケアサイトでは言われている成分です。

 

シャンプー成分についてはこちらが参考になるかと思います。

女性の薄毛対策はシャンプー選びから!ノンシリコンがやっぱりいいか

 

高級アルコール系シャンプー成分で安価なものによく使われるものですね。

この洗浄成分を多く使用して1500円台はちょっと厳しいかな・・・・。

 

公式サイトでは、植物由来といわれていますが植物由来だからいいとか優しいというわけではありません。

やはり頭皮や髪の毛には負担が大きいシャンプー成分ですね。

 

ボタニフィークについて詳しく調べたい方はこちらにまとめました。

LUXのボタニカルシャンプーは微妙?口コミは?成分が残念かも

 

☆どれがお勧めのボタニカルシャンプー?

3つの成分比較はお分かりいただけたでしょうか?

成分を見るとどんなことを意図しているのかがわかってきますね。

 

どれも工夫をしているようですが企業的な姿勢も判断材料になるのではないかと思います。

 

成分比較からわかること

成分比較からやはり3つ目くらいまではアミノ酸成分など洗浄力が優しくても刺激の優しいものを使用していただきたいですね。

 

ボタニストはやはりしっかりと低刺激の成分でまとめられていました。

そのせいもあってやや洗浄力に不満を持たれる方もいるようです。

 

ボタニストは洗い方が少しコツがいるようですね。

 

ビオリスも初めの3つの成分は低刺激のものがそろっていて安心できそうです。

ラウレス硫酸Naが入っているのは少し残念ですが洗浄力強化のためと判断します。

 

順番的に大きな不満にはつながらないのではと思います。

 

ボタニフィークに関しては残念!の一言かな。

始めにラウレス硫酸Naが来てしまっている時点で安いシャンプーと変わらない位置づけになってしまっている感じです。

 

公式サイトでも「ラウレス硫酸Naが植物由来成分である」といっていますがこれこそがボタニカルの悪用です。

植物由来なら刺激や頭皮への負担が大きいものを使用しても安心なのでしょうか?

こういうことは個人的にはやはりいただけませんね。

 

髪に悩みや不安がある方は少しでも良いものを探しているのに・・・。

ボタニカルといえば髪によさそうだという心理を利用しているように感じてしまいます。

 

どれがお勧めのシャンプーか

少し取り乱しました。

申し訳ありません。

 

では肝心の度のボタニカルシャンプーがお勧めかということになります。

 

まずはボタニフィークは洗浄成分から一抜けとさせていただきました。

価格とのバランスも成分からすると高いと思います。

 

今のところでは

  • ボタニスト
  • ビオリス

の2択となっています。

 

ボタニストは洗浄成分が良いですが1500円とちょっとお高めです。

ビオリスはラウレス硫酸Naが入っていなければ・・・・という感じです。

 

かなり難しいチョイスですね(汗)。

あえて選ぶとするなら、

 

「ビオリス」

 

をお勧めしようと思います。

普段使いとして洗浄力もそれなりに欲しい方にはビオリスのほうが良いかと思います。

ボタニストは洗い方や一緒に使用するコンディショナーやスタイリング剤とのバランスも考えなくてはいけないのでトータル的に使用法が難しいと感じます。

 

ビオリスは企業スタンスもクリアさを感じました。

公式サイトでもしっかりとした説明がなされている印象です。

 

髪のダメージやパサつきがひどい方はビオリスのラウレス硫酸Naが負担になるかもしれませんので注意してください。

 

Sponsored Link
 

☆今回の美髪♥アンサー

今回はボタニカルシャンプーの成分比較でどれがお勧めなのか問うことを調べてみました。

結論は、「ボタニスト」「ビオリス」「ボタニフィーク」の3つではビオリスがお勧めであるということが言えます。

 

洗浄成分のバランスや価格などを総合的に評価するとビオリスが購入しやすく使用感にも満足できるのではないかと思います。


言葉が先行しているボタニカルですが人気であるがゆえに購入時にしっかりと成分をチェックしなければいけないことがわかりました。

 

どうしても髪にやさしいイメージですので無意識に信じてしまうことが多いかもしれません。

 

できれば成分をしっかりとチェックしてからの購入をお勧めします。

これからもボタニカルといって出てくる商品は多くなるでしょう。

 

そんな時にしっかりと見極められなければかえってダメージを受けてしまうこともあるかもしれません。

企業のクリア感と私たちの商品を見極める目を養っていきたいところです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
今回の記事は、お役に立ちましたでしょうか?  

当店では美髪体質になれる薬膳料理をご用意しています。
興味のある方はレストランページにもお越しいただけると嬉しいですヽ(^o^)丿
日本初!美髪専門薬膳料理 ”バール・ぷちリッチ”

これからも、有意義な薄毛や髪の毛に関する情報をお届けしていきますのでよろしくお願いします。

Sponsored Link
 

こちらの記事もよく読まれています


 - シャンプー・シャワー方法, まとめ ,