ボタニストの不評の口コミの原因は?トリートメントが良くなかった

   

べたつく髪

ボタニストはボタニカルシャンプーの先駆者的人気を博しています。

しかし、口コミを見るとどうも不評も多く目にすることがあります。

どれも髪のべたつきや重さを述べています。

 

ノンシリコンシャンプーで植物成分というキャッチコピーは嘘だったのでしょうか?

不評の原因とどのようなシャンプーやトリートメントの選び方をしたらよいのかをまとめました。

Sponsored Link
 

ツヤ髪薬膳トレーナーのなおです。
本日も髪の毛に関するワクワクする発見をお届けしていければと思います。

薄毛・抜け毛対策として食事と育毛剤で取り組み成果も順調に出ています。

順次、効果のある食べ物やケア対策もご紹介中ですので参考になればと思います。

嫁様が本気で選んだ効果的な育毛剤がなかなか良い調子です。

今回のツヤ髪テーマは、こんな疑問をお持ちの方に方におすすめです!

ボタニストの不評はどうして?

ボタニストはよくない?

ボタニストを上手に使うためには?

ボタニストで満足するには?

 

☆ボタニストの成分

ボタニカルシャンプーというカテゴリーができた背景として「ボタニスト」はその火付け役としても有名です。

女性の9割が使ってみたいといわれるボタニカルシャンプーの中でも芸能人やモデルさんも多く使っていることで人気が出たようです。

 

 

すごいところはTVCMなどを使っていない点で口コミだけですでに27万本も販売しているということです。

相当な人気ではありますがその反面で口コミでは不評も多くなっています。

 

不評のコメントも同じようなものが多くどれも

  • 髪が重くなった
  • 髪のべたつきが気になる
  • 髪にボリュームがでなくなった

といったコメントが目立ちます。

 

似たようなコメントが多いということは何か共通した原因があるのかもしれません。

 

満足しているというコメントも多いことから一部の方には何かしらの原因で起こっている不調があるようです。

その原因がわかればボタニストを満足のいく仕上がりで使用することができるかもしれません。

 

まずはボタニストの成分を見てみましょう。

 

ボタニストシャンプー成分

ボタニストはノンシリコンシャンプーとして販売されています。

石鹼シャンプーとして売り出していますが成分的にはアミノ酸系シャンプーといえるのではないでしょうか?

 

どちらにしても中々良いシャンプーということが言えると思います。

 

〇ボタニストシャンプー成分

水、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウラミドプロピルベタイン、ラウロイルサルコシンNa、ラウレス-4カルボン酸Na、ココイルグルタミン酸Na、デシルグルコシド、グリチルリチン酸2K、サトウキビエキス、セラミド2、PEG-30フィトステロール、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、コカミドMEA、リンゴ酸、ポリクオタニウム-10、エタノール、BG、DPG、セテアレス-60ミリスチルグリコール、PPG-4セテス-20、EDTA-2Na、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料

 

主成分となるコカミドプロピルベタインやココイルメチルタウリンNaなどは刺激も少なくアミノ酸系でよく使用される洗浄成分ですね。

 

確かにシリコンと思われる成分は確認できないのでノンシリコンシャンプーと言えるでしょう。

 

ボタニストトリートメント成分

次にトリートメント成分を確認しておきましょう。

トリートメント成分にはシリコン成分が含まれています。

 

始めにあるジメチコンはシリコン成分の代表的なものです。

主成分に入っているので「がっつりシリコン系」なトリートメントといえます。

 

〇ボタニストトリートメント成分

水、ジメチコン、 セテアリルアルコール、 グリセリンベヘントリモニウムクロリド、 マカデミアナッツ油、 オレイン酸オレイル、 ビスセテアリルアモジメチコン、 セラミド2、 PEG-30フィトステロール、 ヒアルロン酸Na、 アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl、 加水分解ヒアルロン酸、 加水分解コラーゲン、 ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、 リンゴ酸、 セタノール、 BG、 DPG、 PPG-4セテス-20、 イソアルキル(C-10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート、 ステアルトリモニウムクロリド、 ベヘントリモニウムメトサルフェート、 エタノール、 イソプロパノール、 アミノプロピルジメチコン、 メチルイソチアゾリノン、 メチルクロロイソチアゾリノン、 香料

 

実はこの太赤字で示した成分が不評の口コミの原因になっているのではないかと私は推測しています。

 

Sponsored Link
 

☆ボタニストの不評の原因

ボタニストの不評はどれも使い続けているとことる傾向があります。

つまり使い始めは結構よかったということです。

 

使い続けることで何かしらの不調が出るということです。

使い続ける → 不調・・・何かが蓄積している?

 

と考えられます。

臭いやふけの原因にもなっているようなのです。

 

髪が重くなっている原因

髪が重くなったりべたついたといった不評の口コミの原因はおそらくシリコン成分ではないかと思います。

 

シャンプーはアミノ酸系に近くノンシリコンであることは成分からわかっています。

しかし、トリートメント成分にはがっつりシリコン成分が含まれています。

 

特にジメチコンは吸着力が強く中々洗い落とすのが大変な成分でもあるようです。

ノンシリコンシャンプーのボタニストはそのままではきしみが出てしまって使いにくくなります。

 

そのためトリートメント成分にはシリコンを入れることで指通りを良くしているのですね。

ジメチコンなどシリコン成分は指通りを良くして熱や光から髪を守ってくれるメリットもあります。

 

またコーティング作用で髪の保護としても役に立ちます。

これはグリセリンやベヘントリモニウムクロリドも同じような作用があります。

 

グリセリンは水を引き寄せ低温でも状態をよくする作用もありトリートメントの状態を安定させる働きもあります。

 

しかし、これだけがっつりとシリコン成分が配合されているとかなりしっかり洗わないと髪にシリコン膜が残ってしまう可能性が高いのではないでしょうか。

 

洗浄力とシリコンのバランス

しっかりとシリコンで毎日髪を保護すること自体は悪いことではありません。

多くのボタニカル製品でもシャンプーはノンシリコンでもトリートメントやコンディショナーにはシリコン成分を含んでいることが多いです。

 

やはりきしみが出たり指通りが悪くなると売れ行きにも影響しますからね。

 

ボタニストの場合はシャンプーの洗浄成分が良いことが仇となっているようです。

アミノ酸シャンプーに近いので洗浄力は強くないと考えられます。

 

そのため、がっつりシリコンのトリートメントを洗いきれていないのではないかと思われます。

ボタニストシャンプーでは髪がきしむのでトリートメントも毎日される方が大半のはずです。

そのため取り切れないシリコンの上にまたシリコンを上塗りしていくことになります。

 

ただでさえがっつりシリコントリートメントで髪が重くなりがちなので上塗りを重ねて行くことで髪が重くなることは容易に想像がつきます。

 

また、シリコン成分は酸化するので臭いやべたつきの原因にもつながる可能性があります。

 

ボタニカルの不評はシャンプーの洗浄力とトリートメントのシリコン力のバランスがとれていないということが考えられるようです。

 

☆ボタニストを上手に使うには

せっかく人気のボタニストを使っていても髪が重くなったりべたついてしまっては悲しいです。

 

予洗いや洗い流しを今まで以上にしっかりと行うことでかなり改善されると思われます。

口コミでは満足されている方も多くいますので洗い方をしっかりとして前日のトリートメントをしっかりと落とすことでべたつきや髪の重さを改善できると思います。

 

しかし、それでも他にも改善策を何かしたいという方は次のような方法はいかがでしょうか?

 

トリートメントを考える

できればシャンプーもトリートメントも同じものが理想かもしれません。

しかし、髪がどうしても重くなってしまうという方はトリートメントをノンシリコンに変えるという方法もありだと思います。

 

髪の毛をしっかりと洗えていてもボタニストのトリートメントはやはり髪を重くしがちです。

もともと髪の毛が細かったりハリがない方にはどうしてもボリュームダウンにつながりやすくなります。

 

そこでトリートメントを軽いものに変えれば髪の重さを解決できると予想できます。

 

ヘアオイルに切り替える

トリートメントのシリコンが重くなるというのであればトリートメントをやめてヘアオイルに変えるということも一つの方法です。

 

ヘアオイルは塗り方や量が慣れるまで大変ですが洗い流さないトリートメントといわれるくらい保護効果の高いアイテムです。

 

ヘアオイルの上手な使い方についてはこちらが参考になるかと思います。

ヘアオイルで艶を出す方法は?洗い流さないトリートメントの使い方

 

香りのよいものも多くいろいろ選べます。

熱からの保護力もありドライヤーやヘアアイロンを使用される方にはお勧めです。

 

ボタニストにもヘアオイルがあるのでメーカーをそろえたい方にはこちらの方法もお勧めですね。

 

Sponsored Link
 

☆今回の美髪♥アンサー

今回は、人気のボタニカルシャンプーでもあるボタニストの口コミの不評の原因について探ってみました。

結論は、ボタニストシャンプーの洗浄力とトリートメント成分のバランスがあっていないのではないかと推測されます。

 

優しい洗浄力のシャンプーに対してがっつりシリコンでコーティングされるトリートメントでは毎日使うことで髪が重くなってしまう可能性があることがわかりました。

 

前日のシリコンをしっかりと落とすようにシャンプーをいつも以上にしっかりと行うことで改善されると思われます。

それでも髪質がもともと細かったりハリがない方はシリコン自体の重さでペタッとなりがちです。

 

ノンシリコンのコンディショナーに変えたり少量でよいヘアオイルなどの活用で別の方法で髪を保護するとよいかもしれません。

 

ボタニストは成分的には良いシャンプーです。

あこがれている女性も多いようです。

 

せっかく人気の商品を使うんであればやはり満足度は高く使用したいですよね。

ちょっとした工夫で良いシャンプーの効果を実感できるかもしれませんのでよろしければ試してみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
今回の記事は、お役に立ちましたでしょうか?  

当店では美髪体質になれる薬膳料理をご用意しています。
興味のある方はレストランページにもお越しいただけると嬉しいですヽ(^o^)丿
日本初!美髪専門薬膳料理 ”バール・ぷちリッチ”

これからも、有意義な薄毛や髪の毛に関する情報をお届けしていきますのでよろしくお願いします。

Sponsored Link
 

こちらの記事もよく読まれています


 - シャンプー・シャワー方法 , , ,