髪の毛の寄付をした芸能人は?髪質や条件は?寄付のやり方と規定

   

ここ近年日本でもヘアドネーションという言葉を聞いたことがある方もいるかもしれません。

ヘアドネーションとは髪の毛を寄付することをいうそうです。

何のためにしているのか知らない方も多いかもしれませんね。

芸能人の間でも積極的にヘアドネーションをされて話題になられている方もいます。

ヘアドネーションのやり方や条件についてまとめました。

特典があるのかも気になります。

Sponsored Link
 

ツヤ髪薬膳トレーナーのなおです。
本日も髪の毛に関するワクワクする発見をお届けしていければと思います。

薄毛・抜け毛対策として食事と育毛剤で取り組み成果も順調に出ています。

順次、効果のある食べ物やケア対策もご紹介中ですので参考になればと思います。

嫁様が本気で選んだ効果的な育毛剤がなかなか良い調子です。

今回のツヤ髪テーマは、こんな疑問をお持ちの方に方におすすめです!

ヘアドネーションってなに?

髪の毛の寄付はどこにするの?

寄付した髪の毛はどうなるの?

芸能人でもした人はいるの?

 

☆広まりつつあるヘアドネーション

最近サイトやSNSでヘアドネーションという言葉を耳にする機会が多くなってきたように思います。

ここ数年だと思いますがだんだん広がっているなと感じます。

 

このヘアドネーションという言葉はどんなことを意味するのでしょうか?

実は髪の毛を寄付することを指しています。

 

髪の毛を何に使うの?

なんて思いますよね。

 

実は海外では髪の毛は売れるほど価値があるものなのです(安いそうですが)。

髪の毛には需要があるのですね。

 

髪の毛自体は腐敗しないのでいろいろな加工を施して複製品として使えるのです。

その原料となる髪の毛を募集しているということです。

 

日本ではヘアドネーションがどのように行われているのかを調べてみました。

また芸能界でも広がりを見せているということでどのような芸能人の方がヘアドネーションを行ったのかも調べましたよ。

 

ヘアドネーションとは

ヘアドネーションとは子供たちを支援するための寄付行為を言います。

病気が原因で頭皮や頭髪にかかわる障害が起こってしまった子供たちのためにウィッグを作るための髪の毛を集めているのです。

 

主に抗ガン治療などで脱毛した頭皮を隠すなどの使われ股をします。

子供用が必要な理由は頭がまだ小さいために大人用ではうまく合わない問うことです。

 

しかしオーダーでは5万円以上かかるといわれています。

高いものでは50万近くするそうです。

 

それをボランティアや寄付でサポートしようという運動を支えているのです。

 

寄付した髪の行方

髪の寄付を受け取る窓口が今までありませんでした。

2009年にJHD&Cという機関が発足しそこが窓口となって髪の毛の受け取りをしています。

 

JHD&Cが髪の毛を受け取り選別・加工の工程を繰り返したのちに医療用ウィッグとしてレシピエントのもとに送り届けられます。

 

レシピエントの受け取り条件は「18歳以下」であることです。

すべての費用はボランティアと寄付金で賄われることによってレシピエントへの負担は一切ないそうです。

 

Sponsored Link
 

☆ヘアドネーションをした芸能人

ヘアドネーションの熱は芸能界でも広まっているようです。

芸能人がヘアドネーションをしたのを知って行ったという方もいるようです。

 

どのような方がヘアドネーションをしたのかを集めてみました。

まだまだ広がりを見せている活動ですのでこれからも増えていくことが考えられますね。

 

水野真紀さん

おそらく芸能人で初めてヘアドネーションをした方だといわれています。

2015年3月に領下まである髪を切って寄付されたそうですね。

 

 

寄付後はさっぱりとショートヘアスタイルでイメージチェンジもばっちりでした。

 

ベッキーさん

ベッキーさんは不倫騒動で謹慎していましたがその謹慎明けでバッサリと髪を切って登場した記憶があります。

この時にカットした髪の毛を寄付されているようですね。

 

禊としてカットした髪の毛ですが医療で役に立つならという心使いかもしれません。

 

 

ダレノガレ明美さん

ダレノガレ明美さんは2017年8月にヘアドネーションを行っています。

ダレノガレ明美さん自身が子供のころに病気でウィッグを使用する状況だったことを明かしています。

 

 

当時はボランティアもなく両親が分割で購入されていたそうです。

そんな経験から積極的にヘアドネーションの協力を訴えている芸能人の一人です。

 

柴咲コウさん

柴咲コウさんはこのブログでもご紹介したことがあります。

2015年12月に50㎝近く髪の毛を寄付されています。

 

柴咲コウさんの髪の毛についてはこちらに詳しくまとめました。

柴咲コウの美髪の秘訣は?食べ物が健康すぎてダイエットにもなる

 

 

三吉彩花さん

三吉彩花さんは2017年6月に20歳の節目にヘアドネーションを行ったそうです。

もともと20になったらヘアドネーションを行うと決めていたそうです。

 

 

もともとかなりのロングヘアだったようです。

しっかりした若者ですね。

 

山田まりやさん

山田まりあさんは比較的最近ですね。

2017年3月にヘアドネーションに参加するために髪毛を31cmカットしたとインスタグラムに投稿していました。

 

 

熊田曜子さん

熊田曜子さんも2017年7月にヘアドネーションをされました。

ママ友がヘアドネーションをしたことを知ったのがきっかけだそうです。

 

 

片瀬那奈さん

片瀬那奈さんも2017年9月にヘアドネーションに参加したことをインスタグラムを通じて発表しています。

片瀬さんが髪の毛を切ったのは実に6年ぶりだそうです。

 

 

かなり切ったようですがそれでもミディアムヘアくらいの長さがあったのでかなりの長さがあったことがわかりますね。

 

アンミカさん

強烈なキャラクターで人気のアンミカさんもヘアドネーションをされました。

2018年1月とかなり最近ですね。

 

 

 

☆ヘアドネーションを行う条件

ヘアドネーションに参加参加したいという方もいるかもしれません。

どのように髪の毛を寄付したらよいのか?

ということを調べてみましょう。

 

意外とまだ寄付を簡単にできるところまでは来ていないようです。

難しいのはどこできるのか問うことのようですね。

 

ヘアドネーションの規定

日本でヘアドネーションを専門に扱うNPOがJHDAC(ジャーダック:Japan Hair Donation&Charity)です。

ここへ切った髪の毛を送ります。

JHD&Cサイト

あとは機関が責任をもってウィッグを制作してくれるので私たちは髪の毛を切って送るだけということになります。

 

寄付する髪の毛には規定がありますのでチェックしておきましょう。

〇寄付する髪の毛の規定

  • 31cm以上の長さがあること
  • 髪が完全に乾いていること
  • 切り口を輪ゴムでしっかりまとめてあること
  • 髪束は同一人物ごとにまとめること

 

くせ毛や髪の傷みは大丈夫?白髪は

せっかく寄付をしたいと思っても自分の髪の毛が使えるのか不安に思われる方もいるかもしれません。

病気で苦しんでいる子供用のウィッグなんだからきれいな髪でなければ作れないと思ってしまうのも無理はありません。

 

しかし、大丈夫です。

ブリーチのかけすぎで触れば切れてしまうほど傷んでいるのでなければ髪の毛は受け取ってもらえます。

 

  • たとえカラーリングをしていた髪の毛でも。
  • たとえくせ毛であったとしても。
  • たとえ白髪があったとしても。
  • 年齢・性別・国籍も問いません。

 

どれもヘアドネーションとして受け取ってくれるそうです。

子供用のウィッグなのに白髪でも大丈夫なんですね。

 

それだけ髪の毛が不足しているとも言えます。

ひとり分のウィッグを作るのに大人20から30人分の髪の毛の寄付が必要だそうです。

 

JHD&Cでウィッグを待機している子供は230人もいるそうです。

2016年には107人だったのに・・・倍以上になっているんですね。

 

人数が増えているのか?ヘアドネーションが広がっているのかどちらにせよ必要としている子供がいるんですね。

 

どこで切ればいいの?

ここまでくればもう髪の毛を寄付したいという方も出てくるかもしれません。

ほしいレシピエントもいる、受け取ってくれる機関もある。

しかし一番わからないのはどこできればいいの?

ということかもしれません。

 

行きつけの美容院で行えるかというと難しい場合もあるそうです。

広まってきているとはいえまだ理解を得られていない部分もあるそうです。

 

必ずしも行きつけの美容院が快くヘアドネーションをしてくれるとは限らないそうです。

髪の毛は産業廃棄物として美容院では廃棄しているそうです。

そのため産業廃棄物をお客様に持ち帰らせていいのか?という点で困ることがあるそうです。

 

しかし、ヘアドネーションは自宅で切った髪の毛でも条件を満たしていれば大丈夫だそうです。

長い髪の毛で自分でカットできるようならそれでも寄付が可能ということになります。

ただ、自分でカットした後のスタイリングまで考えておかなければいけないかもしれませんね。

 

ヘアドネーション(寄付)自体には費用は掛かりません。

サロンでカットする場合はカット料金がかかるということはご理解ください。

 

JHD&Cからの特典は明記されていないのでこれといったお礼(特典)もないものと思われます。

しかし、協賛サロンによってはヘアドネーションを行うと特典を用意してくれているところもあるようです。

 

ヘアドネーションに賛同しているサロンも増えています。

ヘアドネーションサロン一覧はこちら

 

協賛サロンもJHD&Cのサイトに一覧として載っていますので近くに協賛サロンがあればそこでカットしてもらうのが一番確実でその後のヘアセットもスムーズにいくかと思います。

 

Sponsored Link
 

☆今回の美髪♥アンサー

今回は広まりを見せているヘアドネーションとはどういったものなのかということを調べてみました。

 

結論は、ヘアドネーションは病気などで頭髪に問題が出てしまった子供たちにウィッグを寄付する活動のことでした。

 

芸能人の間でも広まっているようです。

多くの芸能人の方がヘアドネーションで髪の毛を寄付していることがわかりました。

今後もこの広がりは続いていくことと予想します。

 

またこのような活動をご覧になって自分もヘアドネーションを行いたいという方も条件を満たした髪の毛であればだれでも寄付できます。

自分の髪質に自信がなくても大丈夫のようです。

 

JHD&Cでウィッグを待っている子供は230人いるようです。

自分の髪の毛が少しでも役に立つということを知っておくだけでもいつかヘアドネーションのチャンスは訪れるかもしれません。

 

その時はぜひあなたの髪の毛で子供を救ってあげてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
今回の記事は、お役に立ちましたでしょうか?  

当店では美髪体質になれる薬膳料理をご用意しています。
興味のある方はレストランページにもお越しいただけると嬉しいですヽ(^o^)丿
日本初!美髪専門薬膳料理 ”バール・ぷちリッチ”

これからも、有意義な薄毛や髪の毛に関する情報をお届けしていきますのでよろしくお願いします。

Sponsored Link
 


 - 気になることあれこれ ,