ハーブの効能に育毛効果がある?風水的に開運しやすい種類や使い方

Pocket

ハーブ

ハーブを料理やアロマテラピーとして香りでリラックス効果を楽しまれている方もいますよね。

風水でも香りはとても運気を上げてくれることとしてたびたび取り上げられます。

そんなハーブですが実は育毛効果のあるハーブもあるようなんです。

髪の毛が元気になることも開運効果を上げることになるのです。

どんなハーブが良いのかを調べてみました。

ツヤ髪薬膳師のなおです。

本日も当サイトにお越しくださりありがとうございます。

髪が綺麗になると運気が良くなるといいます。

美髪法やファスティングなど髪や体がきれいになって運気がぐいぐい上がるような情報をお届けしていきます。

Sponsored Link

今回のツヤ髪情報や開運方法は次のような疑問をお持ちの方に良いかと思います。

ハーブってどんな使い方ができるのかな

ハーブの風水効果って何?

ハーブの効能に育毛効果もあるの?

育毛すると運気にいいの?

 

☆ハーブの活用

ハーブは今ではすっかり当たり前な食材として料理などに活用される方も多くなりましたよね。

もともとハーブはヨーロッパで薬用として用いられていたことが発端で発展してきました。

 

アロマテラピーなどに使用される精油などは効果ですがハーブのエキスをギュッと濃縮した効能の高いオイルになります。

風水でも部屋の香りをよくすると運気が上がるなんてことをよくいいます。

これ本当ですからね。

 

まあ、厳密には香りが運気を上げるのではないんですが。

そして今回のテーマでもあるハーブの育毛効果についてです。

 

ハーブの育毛効果といわれても初耳の方もいるかもしれませんよね。

私も料理人で薬膳調理師ですが初耳に近かったです(厳密には去年知りました)。

 

調べてみるとすでに製品としてサプリメントもあるくらい進んでいたのですね。

ハーブの育毛効果や風水としての関係も見ていきましょう。

 

ハーブの活用法

ハーブには様々な活用法があります。

もともとは野草ですので雑に言えば雑草の類です。

 

特徴的なのは香り成分が高くその香りにも人体に影響が出る力があることです。

今のようなケミカルな薬がなかった頃はこの野草を煎じて飲んだりすりつぶして皮膚などに直接塗ったりしていたのですね。

 

そんな体に良いハーブは現代では幅広い用途として使用されるようになりました。

日常生活で触れることのできるハーブの活用法です。

 

料理の食材として

アロマテラピー

マッサージオイル

シャンプー(育毛剤)エキス

サプリメント

化粧品

湿布薬など皮膚につける薬成分

ガーデニング

風水の開運アイテムとして

 

このように私たちの生活で目に触れるものから何気なく使用しているものに含まれる成分として幅広く振れているんですね。

 

Sponsored Link

☆ハーブの育毛効果

さてハーブには育毛効果のあるものもあるということですがどんなハーブに育毛効果があるのでしょうか。

ハーブに直接育毛成分があるのか?

間接的に体調を整えて育毛力を上げてくれるのかなどを調べてみました。

 

どんな種類のハーブが良いのかも合わせて参考にしていただければと思います。

 

ハーブの育毛効果

ハーブには主に香り成分が良いものと直接摂取もしくは肌に塗ると浸透して効果を発揮するものがあります。

どちらもハーブとしてはもともと持っている使い方ですので効能によっては育毛につながることはそれほど違和感を感じることではないと思います。

 

ではハーブでどんな効能が髪の毛に関係するのか効能の種類から見ていきましょう。

 

殺菌作用のあるハーブ

修練作用など皮膚を引き締めてくれるハーブ

血行を良くしてくれるハーブ

毛根を刺激してくれるハーブ

ふけの抑制をしてくれるハーブ

ホルモンバランスを整えてくれるハーブ

AGAの要素を抑制してくれるハーブ

 

などが考えられますね。

 

どんなハーブに育毛効果があるのか

ではもっと細かくどんなハーブに育毛効果があるのかも掘り下げてみましょう。

育毛作用としてネットでも有名なハーブもあります。

 

フィーバーフュー

 

パルテノイドという育毛効果がある成分が豊富なハーブです。

サプリメントなどの製品にもなるくらい育毛効果を期待できるうわさがあります(実験データなどは発表されていないです)

 

カチュールスガンディー

 

 

毛根刺激や血行促進効果があり脱毛症の改善に良いといわれているハーブです。

 

シダーウッド

 

殺菌・鎮静・皮膚炎改善によいので脱毛症などに効果が期待できます。

 

チェストベリー

 

AGA(男性型脱毛症)の根源である応対刺激ホルモンの生産力を低下させる効能があるハーブです。

 

イランイラン

 

甘い香りのリラックス作用のあるハーブです。

ホルモンバランスの調整や殺菌効果もあります。

また、皮膚の過剰分泌の抑制効果もあり頭皮環境を正常にしてくれる作用が期待できます。

 

グレープフルーツ・レモン・スイートオレンジなどの柑橘系

 

リモネンによる育毛促進効果。

保湿作用もあります。

 

ユーカリ

 

殺菌・血行促進・かゆみ防止などからふけ防止や頭皮環境の改善に効果が期待できます。

 

ローズマリー

 

収斂作用が強く皮膚の引き締め効果や殺菌・抗酸化作用があります。

脱毛症予防の効果もあるといわれています。

 

ヒノキ

 

抗炎症作用・皮膚強壮作用・老化防止作用・細胞活性化作用があるといわれています。

発毛促進が期待できるハーブになります。

 

クラリセージ

 

血行促進・分泌物の抑制・殺菌作用で頭皮の環境が改善されることが期待できるハーブです。

 

サイプレス

 

頭皮の引き締め作用・皮脂の過剰分泌を抑える働きがあるハーブです。

 

ジェニパー

 

頭皮の引き締め作用・皮脂の過剰分泌を抑える働きがあるハーブです。

 

ゼラニウム

 

ホルモンバランスを整えてくれます。

発毛促進作用が来たできる作用があり保湿作用や過剰分泌を抑える働きがあるハーブです。

 

ラベンダー

 

リラックス作用・髪の毛の成長を促進する働きがあるといわれているハーブです。

 

このようなハーブが育毛に良いといわれています。

しかし、マウスなどの実験では行われているハーブもありますが実際に人体実験からのエビデンスを得るものはありません。

 

間接的にこのような効能が期待できるといったところになるかと思います。

使用方法はアロマテラピーのようにホホバオイルなどで伸ばして頭皮に直接塗るという方法が一番現実的な方法になります。

 

注意点は

  1. しっかりとした精油を選ぶこと(100均などのものはNGです)
  2. 希釈濃度を守って伸ばして使用すること(精油をそのまま直接塗らないこと)

 

これらのことを守りましょう。

精油は効能の強いものです。

皮膚には刺激が強いのでそのまま使用すると皮膚に炎症を起こしたり不調が起こりやすデス。

使用方法を守ってこその効能ですのでお忘れなく。

 

Sponsored Link

☆今回の美髪♥開運アンサー

今回はハーブに育毛効果のあるものがるというので調べてみました。

結論は、確かに育毛効果が言われているハーブの存在はありました。

しかし、エビデンス的はまだ証明されてはいないので行くものためにこのハーブが良いですということは言えません。

 

ハーブにはいろいろな効能がありそれらが最終的に髪の毛や育毛の促進につながるということでは育毛効果が期待できるでしょう。

 

髪の毛が元気になることで開運効果も上がります。

また、ハーブの香り自体にも運気を上げたり調整してくれる効果があるんです。

 

使用方法を守って上手にハーブを活用していけば髪の毛も増えてさらに開運もできてしまうかもしれませんね。

 

Sponsored Link

自分に合ったシャンプーをお探しの方はこちらのシャンプー診断をしてみませんか?
シャンプーは髪にあったものを使わないとドンドンダメージが大きくなってしまいます。
自分に合ったシャンプー探しでお困りの方はお試しください(無料です!)

シャンプー診断

問1 : あなたがシャンプーに求めるものは?
問2 : あなたは髪にダメージを感じていますか?
問3 : あなたの髪質は?
問4 : あなたの今の髪の状態は?
問5 : あなたはどんな人や会社が作ったシャンプーが良いですか?

合わせて読みたい美髪開運情報