くせ毛をドライヤーで治す方法は?艶髪ストレートになる冷風活用法

Pocket

ブローする女性

くせ毛の方でストレートヘアにあこがれる方も多いかと思います。

まっすくまで行かなくてもせめていうことを聞いてくれればと毎日スタイリングの時にため息が出ているかもしれませんね。

特にブローした時と時間がたってからの髪型の変化に幻滅したこともあるのではないかと思います。

くせ毛を治すスタイリングはやはりドライヤーの乾かし方に秘訣がありました。

くせ毛を治してボリュームのある髪型にする方法をご紹介します。

ツヤ髪薬膳師のなおです。

本日も当サイトにお越しくださりありがとうございます。

髪が綺麗になると運気が良くなるといいます。

美髪法やファスティングなど髪や体がきれいになって運気がぐいぐい上がるような情報をお届けしていきます。

Sponsored Link

今回のツヤ髪情報や開運方法は次のような疑問をお持ちの方に良いかと思います。

くせ毛を治すスタイリングのやり方は?

どこを気を付ければくせが治るのかな?

ドライヤーの乾かし方ってどうすればいいの?

くせ毛治しで効果的な方法や気を付けることって何?

 

☆治りにくいくせ毛にしていませんか?

くせ毛の方は日々うねりとの格闘を経験されていることと思います。

できるだけストレートに伸ばすように一生懸命スタイリングしても午後にはすでにうねり発生状態なんてこともしょっちゅうではないでしょうか?

 

しかし、くせ毛は上手に乾かしてあげればくせやうねりが長時間収まる方法があるんです。

ブローの仕方をイメージされる方は半分くらい正解です。

 

実は自分でくうねりがひどくなってしまうことをされている方もいるんです。

まずはうねりを出やすくしている原因を突き止めて改善していきましょう。

 

そうすればくせ毛のうねりはかなり収まる可能性が高くなります。

今回ご紹介することや方法は強いくせ毛の私が実際にくせ毛の変化を実験して得た情報ですのでマッチする方も多いと思います。

 

いうことを聞かないくせ毛の原因

日本人の7割以上がくせ毛であるなんてことも言われています。

そのためいろいろなくせを伸ばす方法やアイテムが登場していますね。

 

もちろんシャンプーやコンディショナーもくせ毛が伸びるなんてキャッチコピーで販売されているものもありますね。

しかし、根本的にくせ毛が治ることはないので言うことを聞きやすい髪の毛にしていくことが大切なポイントになります。

 

その前に次の点をもう一度見直してみることをお勧めします。

  1. シャンプーのタイプ
  2. スタイリング剤はどんなものをしよしているか?
  3. ブローをいつどこでしているか?

 

くせ毛の方の中にはいろいろやりすぎて髪の毛が言うことを聞きにくい状態になってしまっている方もいます。

また、スタイリングのタイミングややり方が間違っているためにうねりが出やすくなってしまうこともあります。

 

良かれと思ってしていることが間違っている可能性もあります。

次のようなことを試してみてはいかがでしょうか?

 

スタイリングしやすい髪の毛にするために

まずはシャンプーの確認をしておきましょう。

 

くせ毛の方は髪の乾燥が進みやすい構造です。

また、くせ毛の方は日中髪の毛を触る頻度が高くなることで髪へのダメージも大きくなりがちです。

そのためシャンプーは洗浄成分の優しいアミノ酸シャンプーにすることをお勧めしています。

 

また、シャンプーのタイプもしっとり(モイスト)タイプの保湿重視のものが良いです。

サラサラ(スムースなど)タイプは正常成分が強くなりがちで乾燥が進みやすいものが多いようです。

 

そして、できればシャンプーは毎日しないほうが良いです。

最近では湯シャンやノープーなどシャンプー剤を使用しないで先発される方も増えています。

このような方法を取り入れることで髪に適切な皮脂がいきわたり保護(保湿)効果が高まります。

 

それにコンディショナーやシャンプーの洗い残しもなくなるので髪が軽くなりボリュームが出やすくなるメリットもあるんですよ。

ずっと湯シャンは不安だという方も初めは1日おきや2日おきにチャレンジしてみて髪の変化を実感してみてはいかがでしょうか。

 

もし湯シャンをされる時に注意してもらいたい点があります。

スタイリング剤です。

ご使用いただいているスタイリング剤が油溶性の物は避けるようにしたほうが良いです。

 

油溶性のスタイリング剤は湯シャンでは落としきることが難しいです。

というかアミノ酸シャンプーでも洗浄成分が優しいので洗いきれない可能性があります。

 

くせ毛の方はできれば水溶性のスタイリング剤が好ましいです。

どうしてもハード系のワックスなどを使用されるようであれば洗い残しがないように注意する必要があります。

 

スタイリング剤や洗い残りのシャンプーなどの蓄積もうねりが強くなる原因になります。

 

Sponsored Link

☆くせ毛を伸ばす方法

シャンプーやスタイリング剤の見直しが終わったらいよいよブローでくせ毛を伸ばしていきます。

ご紹介する方法は髪に艶も出やすくボリュームがでます。

 

 

髪へのダメージも少ないですからぜひマスターしていただきたい方法です。

 

ブローの仕方

くせ毛のうねりを伸ばす最大のチャンスは入浴後です。

つまりまだ髪が濡れている状態の時ということですね。

 

朝の場合は一度髪をお湯で流してからブロー&スタイリングするとよいでしょう。

くせ毛を伸ばすポイントは次の通りです。

  1. タオルドライ
  2. ドライヤーの使い方
  3. 場所

 

まずはタオルドライから行きます。

タオルドライといってもタオルで髪や頭皮を乾かすことですので難しいことではありません。

注意点はこすらないことです。

この点はいろいろなところでも言われていることですからご存知の方の多いかと思います。

 

テレビcmのようにゴシゴシこするとかなり髪がダメージを受けます。

 

 

タオルドライははさむように水分をタオルに吸い込ませるように行います。

頭頂部などは押すように水分を吸い取ります。

同時に抜け毛の量が半端なく増えますので抜け毛や薄毛も気になる方は注してくださいね。

私はお風呂場で拭いていますが下への抜け毛の数が別次元です。

 

頭皮部分は押さえるようにして1cm以内でゆする感じで拭きます。

髪の長い方は髪の毛の部分ははさむようにして水分をタオルにしみこませる感じです。

 

髪や頭皮の水分が大方拭けたところでブローに入ります。

と、その前にブロー&スタイリングする場所はどこでしていますか?

洗面所などお風呂場付近は避けたほうが良いです。

湿度が高いので乾きにくいということがあります。

 

リビングなど日ごろの状態に近い場所のほうが良いと思います。

ブローでの手順は次の順序行うと良いです。

 

  1. 温風で髪の根元を乾かす
  2. 全体的に髪の毛をブラシで整えてくせを伸ばした状態にする
  3. 冷風に変える
  4. 右に前髪から全体を冷風を当てながら伸ばすように流す
  5. 左に全体を移動しなおしながら伸ばす
  6. 4と5を数回繰り返す。
  7. 分け目を作りたいところに作る
  8. 全体の流れを作る
  9. 髪の長い方は毛先を伸ばすようにブローする(冷風)

 

このような手順で行うととてもくせが伸びやすいです。

お気づきの方もいるかもしれませんが、私のブローのやり方はほとんど冷風で行います。

そのため髪へのダメージもかなり少ない方法になります。

 

スタイリングは髪が乾いてしまうと固定されてしまいます。

もし、スタイリングが決まる前に乾いてしまったら部分的に濡らしたり霧吹きで湿らせてもう一度ブローしてください。

 

乾いてしまったところを無理やしくせ付けしても時間がたつとうねりが出てきてしまいます。

 

一緒に使うと効果的なアイテム

ブローをする前に髪の保湿と保護力を高める方法があります。

保湿効果が高まればうねりを押さえる時間が長くできると考えてもよいでしょう。

 

タオルドライの後にヘアオイルを少しつけてあげると良いです。

ヘアオイルは熱に強いのでブローでの髪へのダメージをかなり抑えてくれます。

 

また最近は香りの良いものが多いので湯シャンなどで髪や頭のにおいが気になるという方はヘアオイルで香りのカバーができますね。

注意点は頭皮につけないということです。

 

毛先3分の1くらいにつけるくらいの感じであとはブラシやコームで伸ばしたりなじませればOKです。

 

できればスタイリング剤も軽いものを少しつける程度が良いですね。

私は水溶性もボタニカルワックスを使用しています。

髪の保湿や保護成分が配合されているものですのでうねりも結構長い間おさまってくれています。

 

また、水溶性ですので洗い流しも簡単で湯シャンで十分落とせるスタイリング剤です。

香りも柑橘系で女性向なようですが気に入っているので使用しています。

 

髪にウェット感も出て艶出し効果やアホ毛防止効果もあるのでお勧めです。

私の個人的ポイントはスタイリングした後にワックスを薄ーーーーく手に取って髪を撫でてもう一度冷風を当てて完成です。

 

よろしければ参考にしてみてください。

 

Sponsored Link

☆今回の美髪♥開運アンサー

今回はくせ毛のうねりを押さえる方法についてお伝えしました。

結論は、くせ毛は濡れているうちでないとスタイリングできないのでお風呂上りが勝負ということがわかりました。

 

できればリビングなどでブローができるとよりスタイリングしやすいと思います。

お風呂場や洗面所は湿度が高いのでリビングなどのほうがお勧めです。

 

また、人によってはシャンプーやスタイリング剤がくせ毛のうねりを強くしていることもあります。

一度自分の使用しているものがあっているのかを確認してみましょう。

 

シャンプーの場合は1日2日やめてみるとわかりやすいです。

ブローも冷風中心で髪へのダメージも少ない方法をご紹介しましたので参考になればと思います。

 

少しでも長い時間うねりが収まってくれるだけでも1日のストレスが変わってくるのがくせ毛の方ではないでしょうか?

私もこの方法を見つけてから髪型への疲れがぐっと減りました。

 

くせ毛もおしゃれとして楽しめるようになってきたかな?とも思えるほどです。

ちょっとしたコツを掴めばくせ毛も上手にコントロールすることができるんですね。

 

 

自分に合ったシャンプーをお探しの方はこちらのシャンプー診断をしてみませんか?

シャンプーは髪にあったものを使わないとドンドンダメージが大きくなってしまいます。

シャンプー診断

問1 : あなたがシャンプーに求めるものは?
問2 : あなたは髪にダメージを感じていますか?
問3 : あなたの髪質は?
問4 : あなたの今の髪の状態は?
問5 : あなたはどんな人や会社が作ったシャンプーが良いですか?

自分に合ったシャンプー探しでお困りの方はお試しください(無料です!)

Sponsored Link

合わせて読みたい美髪開運情報