髪の毛の静電気が花粉を引き寄せる?静電気防止と花粉の落とし方

Pocket

静電気

髪の毛の静電気といえば冬に起こりやすいと思われている方も多いかもしれません。

しかし静電気は一年中髪の毛に帯電しているそうです。

そして、この静電気が花粉を大量に引き寄せているんです。

花粉症の季節に出来るだけ花粉から離れたいですよね。

髪の毛に出来るだけ花粉を引き寄せないように静電気防止対策と髪の毛から花粉を落とす方法をまとめてみようと思います。

 

ツヤ髪薬膳師のなおです。

本日も当サイトにお越しくださりありがとうございます。

髪が綺麗になると運気が良くなるといいます。

美髪法やファスティングなど髪や体がきれいになって運気がぐいぐい上がるような情報をお届けしていきます。

Sponsored Link

今回のツヤ髪情報や開運方法は次のような疑問をお持ちの方に良いかと思います。

髪の毛にどうして静電気が溜まりやすいの?

静電気が花粉を引き寄せてるって本当?

髪の毛の静電気予防対策ってどうすればいいのかな?

髪の毛の花粉を落とすにはどうしたらいいの?

 

☆髪の毛の静電気は危険?

髪の毛をとかしたり服を脱ぐときにバチバチと静電気を感じられたことがある女性は多いと思います。

時には痛みすら感じるほどの電流が流れている静電気ですが実は髪の毛にとっても取っても負担になっているんだそうです。

 

さらに冬から春に向けて花粉症がひどくなる季節などはこの静電気が花粉を大量に引き寄せているなんて事実も。

髪の毛に対する負担と花粉症を悪化させかねない弊害が静電気にはあるようですね。

 

今回は髪の毛の静電気が起きやすい理由や弊害について調べてみました。

また、静電気防止方法や髪の毛についた花粉の落とし方についてもお伝えしようと思います。

 

静電気が起こる理由

静電気は冬の減少と思われていますが最近では一年中感じる方もいるそうですね。

子供のころ下敷きなどで髪の毛をこすって髪を逆立てて遊んだ記憶がある方もいるかもしれませんね。

 

 

そんな静電気ですが髪の毛にとってはとってもよろしくない現象であることはご存知でしたか?

服だけでなく髪の毛にまで静電気が起こる理由をまずは見ていきましょう。

髪の毛に静電気が起こる理由は大きく2つの要素が重なったときに起こりやすくなります。

 

  1. 髪の毛の状態が良くない
  2. 外気の状態

 

これらの条件がそろってくると静電気が起きやすくなります。

髪の毛の状態についてですが、やはり「乾燥」と「ダメージ」が原因になることが多いです。

 

次に外気はやはりこちらも乾燥が大敵になります。

乾燥状態の中では髪の水分も蒸発しやすくなります。

また、ダメージヘアも同様に髪の毛から水分が抜けやすく乾燥しがちになります。

 

そこで起こるのが髪の摩擦です。

この髪の毛同士の摩擦が「摩擦電機」と呼ばれる電気を発生させこれがいわゆる静電気として私たちが感じることになる電気なんです。

 

これが子供のころに下敷きで行っていた原理ということになるんですね。

下敷きこすりを髪の毛同士で行っている状態とイメージするとわかりやすいかもしれません。

 

髪の毛の静電気が起こす弊害

確かに静電気は痛いし気になるけどそんなに大げさに考えなくてもいいのでは?

なんて気楽に考えられている方もいるかもしれません。

 

まぁヘアスタイルが静電気でまとまらないということは大きな悩みであるかとは思います。

 

しかし、静電気を楽観視していると思っているよりも大きな弊害にあっている可能性もあるんです。

静電気による弊害には次のようなことがあるんです。

 

服を脱ぐときやドアノブを触る時にばちっと感じる静電気ですがいわば小さな雷です。

それが髪の毛にダメージを与えます。

 

髪に雷が走っていると思えば当然ですよね。

電気刺激が髪の表面のキューティクルを焦がしてしまえば髪がパサついてくることは容易に想像できるでしょう。

 

また、髪に起こった静電気はそのまま毛根にまで流れるので時には毛根を攻撃して異常をきたすこともあるそうです。

さらに静電気は体内に滞留する性質もあるので血流が悪く成ったり疲れが取れにくくなるという弊害もあるということです。

 

そして、日本人として最も静電気の弊害と私が思っていることが

 

花粉を引き寄せる

ということではないかと考えます。

 

 

花粉を引き寄せているんです!

髪の毛には私たちが想像をするよりもはるかに多くの花粉が引き寄せられているということなんです。

これではどんなにマスクやメガネで予防しても無駄な努力になりかねません。

 

静電気によってこんなに多くの弊害が起こっているとなればやはり静電気を防止したいところです。

 

Sponsored Link

☆髪の毛の静電気防止と花粉対策

静電気によって大きな被害を私たちは受けていることがわかりましたでしょうか?

すこしバチバチするだけではなかったのです。

 

髪は静電気を受けるたびにダメージを受けていてもしかしたら毛根が不調をきたすこともあるかもしれないのです。

また、体内に帯電した静電気によって健康も負担がかかっているかもしれないと考えると静電気を放っておいて良いのか疑問がわいてきます。

 

花粉症に悩まれている方はよもや自分の髪の毛が花粉を引き寄せているなんてことを想像していましたでしょうか?

もちろん飛散してる花粉が付着しているくらいの認識はあったでしょう。

 

しかし、自分で引き寄せているだなんて・・・

やはり静電気はできる限り防止していった方がよいかと思います。

 

静電気の簡単な防止の仕方や髪の付いた花粉の落とし方を見ていきましょう。

 

静電気防止方法

では髪の毛の静電気の防止方法について見ていきましょう。

髪の毛同士の摩擦電機によって静電気が発生してるということがわかっています。

 

気を付ける点は次のことです。

  • 髪の毛同士の設置面積が広い
  • 髪の毛同士が自由に動ける(摩擦しやすい)
  • 髪の毛が乾燥している

 

静電気は狭い場所に帯電する傾向があります。

つまり服などの静電気も髪の毛などに集まりやすいということらしいです。

 

髪の毛の静電気を防止するにはまずは髪の毛の状態をよくするということに限ります。

水分が不足しているということが大きな原因であり防止ポイントにもなります。

 

まずは髪の毛をしっかりと保湿することが大切ですね。

髪の毛のダメージも摩擦力を大きくしてしまいますのでダメージケアや保湿ケアは必須になってきます。

 

コンディショナーやトリートメントもシリコン入りのものなどは指通りが良くなり髪同士の摩擦が減ります。

静電気防止という観点から見るとシリコン入りのコンディショナーも活用はお勧めです。

 

特に気を付けてケアを取り入れていただきたい時間帯が朝です。

実は夜寝ている間に枕などとの摩擦によって思っているよりも静電気をたくさんため込んで切る場合があります。

朝髪の毛を濡らしてあげたりヘアオイルなどで日中の保湿サポートをすることもお勧めです。

 

乾燥に気を付けるということで言えばエアコンなどの暖房での乾燥も加湿器などでカバーしていきたいですね。

自宅にいるときは良いかもしれませんが外出先では調整が難しいときのほうが多いでしょう。

 

そのようなときは髪の毛にミストなどで水分を補給してあげる方法も効果的です。

お手軽な方法としてはハンドクリームなどをうっすらと髪の表面に撫でるように塗るだけでもかなり効果があります。

 

髪型もできれば髪同士が自由にこすれ合うようなフリーな髪型よりもまとめたり結ったりした方が静電気予防できます。

最後に服もポリエステルやウール素材の物よりは綿・麻系の物のほうが静電気は起きにくいです。

冬場の寒いときなどはどうしてもウール系になるかとは思いますが上手に服にも水分を与えながら過ごせるとより静電気を防止できるかと思います。

 

髪の毛の静電気を予防する方法まとめ

  • 髪の毛の保湿力を上げる
  • トリートメントなどで髪の摩擦を少なくする
  • 朝髪の毛を濡らしたりヘアオイルなどで保湿サポートをする
  • 外出中などはヘアミストやハンドクリームなどで水分確保をする
  • 髪の長い方は髪が動かないようにまとめたり結っておく

 

 

このようなことで静電気を防止につながり髪の毛や体への負担が軽減できることでしょう。

また、体内に滞留してしまっている静電気もあります。

 

これらはアルカリ性の食べ物を多くとることや土(大地)を触ることで体内から静電気を抜いてくれる効果があるそうです。

休日などに公園などで少し土を触る時間を作ってみても良いかもしれませんね。

アルカリ性の食べ物は海藻類や野菜・豆類などです。

 

髪の毛の花粉を落しかた

静電気によって髪の毛に多くの花粉が引き寄せられているということは先にお伝えしました。

女性なら何気なく髪の毛を触ってしまうことは仕方ありませんよね。

 

しかし、その手で顔や目を触ってしまい花粉症を悪化させていたとしたらこんな悲しいことはありませんよね。

せっかくマスクやメガネなどで頑張って防止していても結局自分で花粉を引き寄せていただなんて・・・。

 

まずは花粉が引き寄せられないように髪の静電気を防止するということは日常的に気を付けていただきたいと思います。

そうです、髪の潤いを気にして保湿力を上げていってくださいね。

 

これだけでもかなり花粉を引き寄せる量が変わってくるかと思います。

とはいえ、飛散している花粉は静電気がなくても髪に付着してしまいます。

いつも帽子をかぶられているならいいですが仕事などで難しいという方のほうが多いですよね。

 

髪の毛についてしまった花粉の取り方も重要になってきます。

髪に花粉を付きにくくするにはシリコン入りのコンディショナーがおすすめのようです。

とはいえこれは出かける前までの話ですよね。

 

出先で室内に入ったときなどに花粉を効果的に落とす方法としては「ブラッシング」が効果が高いです。

 

また、ウェットティッシュで髪をなでるように吹くことでもかなり花粉を落としたり室内で花粉が舞ってしまうことを防ぐことができます。

 

このような方法を少し取り入れることで無駄に花粉に触れることを減らすことが可能になります。

少しでも花粉を少なくされたい方は活用してみてください。

 

Sponsored Link

☆今回の美髪♥開運アンサー

今回は髪の毛に起こる静電気の弊害について調べてみました。

結論は、髪の毛に起こる静電気は髪へのダメージだけでなく花粉を引き寄せているということもわかりました。

 

髪の毛の静電気を防止するにはないを置いても保湿で乾燥から髪を守ることが大切です。

入浴時などのケアも当然ですが出先などでもミストやクリームを活用して保湿を意識的に心がけましょう。

 

また、髪型も摩擦が起こりにくい髪型にしたり帽子をかぶるなどの工夫で静電気を押さえるもできます。

同時に着る衣服も静電気が起こりにくい素材のものを選ぶとより効果的でしょう。

 

花粉症の方は髪の毛に付着している花粉も気を付けたいところです。

静電気によってかなり花粉を引き寄せている可能背も高いです。

静電気がなくても飛散している花粉は少なからずあなたの髪の毛に付着します。

 

入室時などにはブラッシングをしたりウェットティッシュなどで髪を拭いてあげることで花粉を大幅に落とすことができます。

ちょっとしたことですがこのような作業で花粉症を軽減できるかもしれません。

 

 

自分に合ったシャンプーをお探しの方はこちらのシャンプー診断をしてみませんか?

シャンプーは髪にあったものを使わないとドンドンダメージが大きくなってしまいます。

シャンプー診断

問1 : あなたがシャンプーに求めるものは?
問2 : あなたは髪にダメージを感じていますか?
問3 : あなたの髪質は?
問4 : あなたの今の髪の状態は?
問5 : あなたはどんな人や会社が作ったシャンプーが良いですか?

自分に合ったシャンプー探しでお困りの方はお試しください(無料です!)

Sponsored Link