髪の毛のうねりの原因は?対策や簡単な改善でおしゃれな髪の作り方

Pocket

髪のうねり

髪の毛がうねって扱いづらいと悩まれる方はその原因を押さえれば改善できるかもしれません。

くせ毛や年齢や湿気などいろいろな原因があるかもしれません。

しかし対策は同じ。

うねる髪の毛の理由がわかれば対策は見えてきます。

自宅で自分でできる対策で上手にうねり髪をストレートヘアに近づけたいところです。

うねり髪の原因や改善方法についてまとめていきます。

ツヤ髪薬膳師のなおです。

本日も当サイトにお越しくださりありがとうございます。

髪が綺麗になると運気が良くなるといいます。

恋愛運や仕事運がぐいぐい上がるような情報をお届けしていきます。

Sponsored Link

今回のツヤ髪情報や開運方法は次のような疑問をお持ちの方に良いかと思います。

うねる髪はどうしようもないのかな?

うねり髪になってしまう原因はなに?

うねり髪やくせ毛のお勧めの対策は?

簡単な方法はあるのかな?

 

☆髪がうねる原因は?

昔からくせ毛で悩まれている方は髪の毛のうねりに恨みすら感じるときがあるのではないでしょうか。

反対に昔はこんなじゃなかったのに年を取ってきたら髪がうねるようになった、なんて方もいるでしょう。

 

このように髪の毛のうねりは先天的の方もいれば後天的にうねりだす方もいます。

しかし、髪の毛がうねりだせば先天も後天も関係なくとっても悩ましいものです。

 

朝しっかり整えたはずの髪がもう広がっていたり、トップがペタッとつぶれたようになっていたりとどこをどう対処したらいいのかわからなくなるほどです。

 

そんなうねりには原因があります。

髪のうねりの原理を理解することでうねりの予防や改善んができるかもしれません。

まずはうねりの原因について見ていきましょう。

 

うねりの原因は遺伝か生活習慣

くせ毛の方も含めて髪の原因には大きく2つの要因が考えられます。

 

  1. 毛穴の形
  2. 髪の毛のダメージ

 

このうち一つもしくは両方によって髪の毛のうねりが起こっていることが考えられます。

毛穴の形はストレートの方は綺麗な円形をしていますがくせ毛やうねり髪になる方は楕円形やいびつな形の毛穴になっていることが多いようです。

 

先天的にくせ毛の方は生まれた時から毛穴の形が変形しています。

これは現代の技術ではまだ治せませんのでスタイリングなどで対処していくしかありません。

 

しかし後天的にうねり髪になった方の中には以下の原因で毛穴の形が変わってしまった方もいるようです。

 

  • 髪の毛や頭皮に負担のかかる髪型やカラーリングをしている
  • シャンプーやコンディショナーのすすぎをしっかりしていない
  • 頭皮のたるみや効果による変形
  • ストレスや産後などホルモンバランスや自律神経の乱れ

 

このようなことから毛穴の形が変わってしまい髪の毛がうねっている可能性があります。

 

もう一つの原因である髪の毛のダメージは髪の毛の構造や水分バランスが均等でないとうねりになります。

髪の毛の水分が安定しない理由は表面のキューティクルが均等でないと起こります。

 

剥がれてしまったり密集して多かったりすると水分の出入りに違いができてしまいます。

一部では水分がどんどん入ったり出たりするのに一部では全く水分の動きがないなんて状態ならうねりができてしまうのも想像ができるかと思います。

 

このように毛穴や髪の毛の水分が整っていないことがうねりの原因につながっているようです。

 

Sponsored Link

☆うねり髪を上手に改善する方法

髪の毛のうねりの原因が毛穴の形と髪の毛の水分バランスにあることがわかりました。

そこでどのような対策をすればこれらが整うのかということを見ていきます。

 

先の述べましたうねりの原因から毛穴の形が変わる要因とスタイリングの方法を意識することで改善できる可能性があります。

 

コンディショナーを減らしてみる

まず一番簡単で可能性の高いシャンプーやコンディショナーが毛穴に詰まってしまっていることへの改善です。

シャンプーやコンディショナーのすすぎが足りず洗いの腰につながることですが特に意識したいのがコンディショナーです。

 

コンディショナーは吸着力が強いものですので頭皮につくと取れにくくすすぎだけでは流しきれないことがあります。

コンディショナーはすすぎはもちろんのことですが使用時に頭皮になるべくつかないように毛先を中心につけることをお勧めします。

 

そしてしっかりとすすぎますがこの時もあまり髪の毛がこすれないように髪の流れに沿って洗い流すようにしましょう。

髪への負担が減ることでキューティクルがはがれてしまうことを防ぐことができます。

 

髪の毛が濡れているときが一番キューティクルが弱い時ですのでこの時にゴシゴシこすれてしまうとすぐにキューティクルは剥がれ落ちてしまうんですね。

あとは入浴後のブラッシングも髪がしっかりと乾いてから行うようにすることもキューティクルを痛めない秘訣です。

 

またコンディショナーが付きすぎて髪が重くなっているということもあります。

朝晩シャワーを浴びるたびにシャンプーやコンディショナーを両方行っている方はどちらかは湯洗いだけにしたりコンディショナーをやめてみるなどの工夫をすると良いかもしれません。

 

髪がパサつく感じが初めはしますがドライヤー時に気を付けて丁寧に行えば髪がかなり軽くなることを実感できると思います。

 

あまりパサつきが気になるようなら毛先だけヘアオイルを塗っておけばよいでしょう。

 

ドライヤーのかけ方で簡単ストレート

キューティクルの話に入っていましたがドライヤー時に気を付けたいことが髪の毛の根元をしっかりと乾かすことです。

意外と毛先重視でドライヤーを当てている方が多いようですが実は根元を乾かすことがうねりを防ぐポイントだったんです。

 

髪の毛を持ち上げるようにして根元を乾かします。

この時さらに気を付けるのが温風の後に冷風を必ず当てて髪の毛を覚ましましょう。

 

髪の毛が冷めるときにキューティクルが締まります。

キューティクルが締まれば余分な水分が抜けにくくなりうねりを抑制する効果につながります。

 

さらに効果を高めるためにはドライヤーの前にヘアオイルを使用してから髪の毛を乾かすと非常に効果的です。

ヘアオイルは熱に強く髪の毛を保護してくれます。

キューティクルの表面を覆ってくれるのでさらに水分が安定して伸ばした髪の毛を長持ちさせてくれます。

 

Sponsored Link

☆今回の美髪♥開運アンサー

今回は髪のうねりを自宅でも簡単に改善できる方法について調べてみました。

結論は、髪の毛のうねりの原因は毛穴の形と毛身の毛のダメージにあることがわかりました。

 

そのため髪の毛の毛穴が整うような髪型やシャンプーやコンディショナーすすぎを注意することで改善の可能性が上がります。

またドライヤーの当て方でもキューティクルの状態が変わってきますので伸ばした髪の毛の水分が安定して髪型を長持ちさせてくれます。

 

ブロー前にヘアオイルを使用してから行うことで髪の保護力が上がりさらにストレート維持効果も上がります。

このようにうねりの原因に適切に対処することでうねりを抑えたり改善することもできるのです。

 

Sponsored Link

自分に合ったシャンプーをお探しの方はこちらのシャンプー診断をしてみませんか?
シャンプーは髪にあったものを使わないとドンドンダメージが大きくなってしまいます。
自分に合ったシャンプー探しでお困りの方はお試しください(無料です!)

シャンプー診断

問1 : あなたがシャンプーに求めるものは?
問2 : あなたは髪にダメージを感じていますか?
問3 : あなたの髪質は?
問4 : あなたの今の髪の状態は?
問5 : あなたはどんな人や会社が作ったシャンプーが良いですか?

合わせて読みたい美髪開運情報