無添加シャンプーのオルナオーガニックとは?敏感肌には向かない

Pocket

オルナオーガニック

無添加やオーガニックという言葉がそこかしこに乱立しています。

なかなか本物を見つけることが難しくなってきていますね。

そんな中でしっかりと認証を得ているオーガニックシャンプーがあります。

Allna organicというシャンプーです。

成分解析や香りの特徴などをまとめてみました。

 

ツヤ髪薬膳師のなおです。

本日も当サイトにお越しくださりありがとうございます。

髪が綺麗になると運気が良くなるといいます。

美髪法やファスティングなど髪や体がきれいになって運気がぐいぐい上がるような情報をお届けしていきます。

Sponsored Link

今回のツヤ髪情報や開運方法は次のような疑問をお持ちの方に良いかと思います。

✔︎オーガニックシャンプーってどんなもの

✔︎ちゃんとした無添加やオーガニックってあるの?

✔︎Allna organicってどんなシャンプー?

✔︎オルナオーガニックの成分や香りは?

 

☆ほんとは難しい無添加オーガニック

添加物などに敏感になっている昨今では無添加やオーガニックなど安全や安心感を与えてくれる言葉を多く見かけるようになってきました。

食品などだけでなくその流れはシャンプー業界にも現れています。

 

無添加やオーガニックやボタニカルなどのフレーズは定着してきましたね。

ただ、どんなものが無添加でオーガニックなのかは実際のところ曖昧という方も多いのではないかと思います。

 

しっかりとチェックしていかないと中にはフレーズだけ使うために残念なシャンプーもあるのが実情です。

特にオーガニックやボタニカルなどのフレーズには注意が必要です。

 

そんな中でしっかりとした認証を取得したシャンプーがありました。

「ALLNA organic」と言うシャンプーです。

 

今回はオルナオーガニックの成分についてご紹介していこうと思います。

合わせてオーガニックシャンプーの見分け方についても参考になればと思います。

 

オーガニックシャンプーの基準

実は日本ではオーガニックに関する規制や基準と言ったものがありません。

これはボタニカルというフレーズについても同じことが言えます。

 

どちらかというとボタニカルの方が世界的にも基準がないので判断は非常に難しいです。

植物的なというニュアンスですので少し天然成分が入っていればOKという感じになっています。

 

はっきり言えばボタニカルとはあまり判断基準にするべきフレーズではないという印象ですね。

ではオーガニックにはどのような基準があるのでしょう?

 

厚生労働省にようると次のような定義で認定がおります。

有機農産物の生産の原則

農業の自然循環機能の維持増進を図るため、化学的に合成された肥料及び農薬の使用を避けることを基本として、
土壌の性質に由来する農地の生産力(きのこ類の生産にあっては農林産物に由来する生産力、スプラウト類の生産にあっては種子に由来する生産力を含む。)を発揮させるとともに、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した栽培管理方法を採用したほ場において生産されること。

生産方法の基準

  • 堆肥等による土作りを行い、播種・植付け前2年以上及び栽培中に(多年生作物の場合は収穫前3年以上)、原則として化学的肥料及び農薬は使用しないこと
  • 遺伝子組換え種苗は使用しないこと

農林水産省食料産業局「有機食品の検査認証制度について(H30.3)」より引用

 

とは言えちょっと曖昧で難しいですよね。

現実的には量などの規定がないために日本では少しオーガニック成分が入っていればオーガニックと表示できるようです

 

そうなるとちょっと大丈夫なのと疑問に思っても不思議ではないですよね。

しっかりとした認証や規定をクリアしたものはないのかなと探される方がいても当然です。

 

純粋なオーガニックは見つからない

オーガニックをしっかりと証明してくれる見分け方はないものかと探されているかたもいるでしょう。

残念ながらシャンプー業界においては純粋なオーガニックシャンプーを市販で見つけることは難しいです。

 

厚生労働省のオーガニック認証もあります。

世界基準のオーガニック認証機関もあります。

 

 

実際にオルナオーガニックではフランスの世界的な認証機関の認証をもらっています。

しかし、これもフランスの期間が認証した成分の一つを使用しているというものです。

 

全体的に見るとやはりオーガニック成分を配合したからオーガニックシャンプーでっせという程度になります。

オルナオーガニックの成分を見て見るとそのカラクリが見えてきます。

 

Sponsored Link

☆オルナオーガニックの成分やおすすめ度は

口コミでは高評価を得ているオルナオーガニック ですが成分を解析して見るとちょっと疑問が出る配合でした。

悪い口コミの中なには肌のかゆみなど単に好みの問題で片付けることができないものもありました。

 

成分の詳しい内容やオススメ度合いを確認していきたいと思います。

敏感肌の方は特に注意して見ておいてもらいたいです。

 

オーガニックや無添加という表示は敏感肌の方がよく選ばれることが多いからです。

 

オルナオーガニックの成分

まずは表示されている成分構成をチェックしておきます。

はじめに来る成分が主成分で洗浄成分になります。

 

シャンプーを見るときにはやはり洗浄成分がほとんどになりますので影響力があるからです。

主洗浄成分が優しいか刺激が強いかで肌や髪への影響が大きく変わってきますからね。

 

●オルナオーガニックの成分

水,オレフィン(C14-16)スルホン酸Naコカミドプロピルベタイン,コカミドDEA,ペンチレングリコール,ヒアルロン酸Na,加水分解ヒアルロン酸,加水分解コラーゲン,ヒアルロン酸クロスポリマーNa,アセチルヒアルロン酸Na,水溶性コラーゲン,サクシノイルアテロコラーゲン,セラミドNP,セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス,トウキンセンカ花エキス,フユボダイジュ花エキス,ヤグルマギク花エキス,ローマカミツレ花エキス,ユズ果実エキス,ユキノシタエキス,キュウリ果実エキス,アルガニアスピノサ核油,マンダリンオレンジ果皮エキス,オウゴン根エキス,イタドリ根エキス,ソメイヨシノ葉エキス,オリーブ果実油,カンゾウ根エキス,チャ葉エキス,ヒメフウロエキス,ラベンダー花エキス,カミツレ花エキス,ローズマリー葉エキス,ツボクサエキス,アルテア根エキス,ボタンエキス,キハダ樹皮エキス,イザヨイバラエキス,ノイバラ果実エキス,ティーツリー葉油,ローマカミツレ花油,オレンジ油,ラベンダー油,パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na,シア脂,カラメル,グリチルリチン酸2K,リン酸アスコルビルMg,アスコルビルグルコシド,テトラヘキシルデカン酸アスコルビル,エチドロン酸,ポリクオタニウム-10,サリチル酸,クエン酸Na,BG,クエン酸,グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド,塩化Na,ステアリン酸PEG-150,ラウリン酸ポリグリセリル-10,フェノキシエタノール

 

主洗浄成分は次のものになります。

  • オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
  • コカミドプロピルベタイン

 

コカミドプロピルベタインはアミノ酸シャンプーにもよく使用される成分ですのでマイルドで優しい成分です。

しかし、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naは非常に洗浄力が強い成分になります。

 

 

サルフェートフリーが叫ばれるようになり硫酸系の成分がなりを潜めるようになりました。

その代わりに登場したのがオレフィン系です。

 

 

洗浄力は硫酸系とほとんど同じという強さの成分です。

一番はじめに来ているということは洗浄力も非常に強いということが予想されます。

 

肌の弱い方や髪がパサつくなどの悩みがある方には刺激が強いと思われます。

選ぶ際には注意してくださいね。

 

天然エキスのような成分が非常に多種類配合されています。

配合量的には微々たる量になると思われますのでそれほどの効果や効能は期待できないでしょう。

 

成分一つ一つには効能があるかもしれませんが総合的に見ると髪の保湿が少し上がる程度に考えておくと良いかもしれません。

 

オルナオーガニックのオススメ度

成分から見るに無添加でオーガニックとは言っていますが刺激自体は強いのではないかと思われます。

価格としてオルナオーガニックは2,000円お安くはない部類のシャンプーです。

 

オレフィン系の成分を使用しているシャンプーは1,000円以下のものに多いのでこの価格でこの成分はちょっと・・・。

わたし的にはオススメ度はかなり低くなります。

 

さらに肌や髪に対しても負担が大きくなります。

これらの悩みをお持ちでシャンプーを探されている方には逆効果に出る可能性があると言えるでしょう。

 

反対に脂性であったり仕事などで汚れがひどいという方には合うかもしれません。

また髪や肌は比較的強い方だという方も大きな変化を起こさないかもしれません。

 

泡立ちは弱いようですが香りの人気が高いので香り重視の方にはおすすめかもしれませんね。

 

Sponsored Link

☆今回の美髪🖤開運アンサー

今回は、オルナオーガニックと言うシャンプーの成分とおすすめどを見て見ました。

結論は、オルナオーガニックは髪に優しいオーガニックシャンプーであると言っていますが洗浄力が強いシャンプーであることがわかりました。

 

汚れがひどい方や脂性の方には合うかもしれません。

しかし無添加やオーガニックシャンプーを探されている方は肌や髪が弱いと言う方も少なくないと思われます。

 

成分的に見ると刺激が強いので肌に合わないでトラブルを感じる方も出て来るようです。

オーガニックという言葉や成分お多さに惑わされないようにしていただきたいと感じました。

 

本当にしっかりとしたオーガニックシャンプーもあります。

シャンプーはやっぱり天然がいい?Nオーガニックの成分と口コミは

 

洗浄力までしっかりとチェックした上で髪と肌に優しいシャンプーを選んで見てはいかがでしょうか。

 

 

自分に合ったシャンプーをお探しの方はこちらのシャンプー診断をしてみませんか?

シャンプーは髪にあったものを使わないとドンドンダメージが大きくなってしまいます。

シャンプー診断

問1 : あなたがシャンプーに求めるものは?
問2 : あなたは髪にダメージを感じていますか?
問3 : あなたの髪質は?
問4 : あなたの今の髪の状態は?
問5 : あなたはどんな人や会社が作ったシャンプーが良いですか?

自分に合ったシャンプー探しでお困りの方はお試しください(無料です!)

Sponsored Link

合わせて読みたい美髪開運情報