敏感肌や子供も安心なシャンプーは?MARUの成分や特徴に注目

Pocket

シャンプーも無添加や低刺激のものが多くなってきました。

髪の悩みの原因が頭皮である方も増えているようです。

家族と一緒に使うとなると子供も使えるものと考えるかもしれませんね。

敏感肌や子供にも使えるシャンプーがあるんです!

MARUというシャンプーはスキンケア感覚で全身を洗えるうえに子供にも使える優しいシャンプーのようです。

成分や特徴をチェックしてみましょう。

 

ツヤ髪薬膳師のなおです。

本日も当サイトにお越しくださりありがとうございます。

髪が綺麗になると運気が良くなるといいます。

美髪法やファスティングなど髪や体がきれいになって運気がぐいぐい上がるような情報をお届けしていきます。

Sponsored Link

今回のツヤ髪情報や開運方法は次のような疑問をお持ちの方に良いかと思います。

頭皮が敏感肌でシャンプー選びに困ってるんだけど?

敏感肌に安心で子供にも使えるシャンプーってあるの?

MARUってどんなシャンプーなの?

MARUの成分は安心できそう?

 

☆スキンケア感覚の安心・低刺激シャンプーって?

現代では女性の約7割の方が自分の肌は敏感であるという認識を持っているようです。

しかし、医学的には敏感肌の明確な定義はないそうなんです。

 

 

つまり、自分で肌の敏感度合いを測るしかないということになりますね。

しかし、肌荒れや症状が出てから病院に行くことを考えると事前に予防しながら安心できるものを使用したいと思うのが自然ではないでしょうか。

 

毎日使うヘアケア用品やスキンケア用品に注意を払っている方は多いと思います。

そんな気持ちを察してかメーカー側もオーガニックやボタニカルなど肌に安心できるフレーズを日々作り出し続けているようですね。

 

肌に不安をかじる女性におすすめなシャンプーがあるようです。

髪というよりも肌に注目したアイテムなんです。

 

キャッチコピーもスキンケア感覚で洗えるシャンプーということで敏感肌の方だけでなく子供にも使えるということです。

今回はスキンケア感覚で洗える「MARU」というシャンプーについて調べてみようと思います。

 

オーガニック・ボタニカルの闇

最近ではドラックストアなどに並んでいるほとんどの商品に「ボタニカル」や「オーガニック」「無添加・天然」などのフレーズがついてるのではないでしょうか。

フレーズの響きから肌に優しいとか低刺激のようなイメージを受けるかと思います。

 

実はボタニカル(植物的)やオーガニックなどのシャンプーなどへの明確な基準というものはないそうなんです。

少しでも植物エキスなどが配合されていればボタニカルやオーガニックと呼べてしまうのが日本の現状なんですね。

 

このブログでもいろいろなシャンプー成分を調べてきましたが中にはこれでボタニカルとかオーガニックと呼んでも良いものか?

と首をかしげてしまうような製品もいくつかあります。

 

基本的にシャンプー成分の大部分は水と洗浄成分になります。

植物エキスなどは全体の数パーセントほどしかない計算になるそうです。

 

その程度の成分で大きな効果を得ることは難しいでしょう。

むしろ洗浄成分のほうが、よほど影響力があります。

 

毎回シャンプー成分の解析は洗浄成分を中心に調べています。

もちろん成分がシャンプーのすべてではありません。

 

あなたの好みの香りや泡立ちや洗い心地もシャンプーを選ぶための大きな要因です。

成分の影響を知ったうえでしっかりと納得の上で選ばれているなら何の問題もありません。

 

しかし、良かれと思っていたシャンプーや低刺激かと思っていたのに刺激が強い洗浄成分であったりしたら・・・・。

キャッチコピーや巧みな広告戦略に脅されてしまっているとしたら悲しいことです。

 

そのために敏感肌の方などは異変をかじることも少なくないといいます。

やはり、自分でしっかりと調べてから使用していくような時代になってきているといえますね。

 

低刺激で安心なものを見つけるために

最近のトレンドとしてやはりマイルド思考が優勢のように感じますね。

特に女性の方が使用するようなシャンプーやスキンケア用品などは低刺激であることがウケが良いようです。

 

その背景にはやはり敏感肌の方の増加があるのではないでしょうか。

先ほども述べましたが女性の約7割の方が自分が敏感肌であると感じているといいます。

 

敏感肌には次のような5タイプがあります。

  1. 肌荒れ過敏肌(脂漏性皮膚炎)
  2. 大人ニキビ(尋常性ざ瘡)
  3. かぶれ(接触性皮膚炎)
  4. 光かぶれ(光線過敏症、光接触皮膚炎)
  5. アトピー性皮膚炎

 

このような皮膚症状があります。

どれも頭皮にも起こりうる症状です。

 

健康な皮膚にとって大切な機能の一つにバリア機能があります。

 

普段の生活の中で皮脂や栄養のバランスを保ちながら皮膚の強さを保ちます。

しかし、女性の方は化粧品やヘアケア用品などの刺激を毎日受け続けることで肌に疲れやストレスが蓄積していってしまいます。

 

使用しているアイテムの刺激が強いほど皮膚はダメージを受けることになります。

結果的に後天的に敏感肌のように肌の力がダウンしてしまうということが起こっているのではないでしょうか。

 

そんな敏感肌で悩まれている女性の悩みに着目したシャンプーがありました。

「MARU」というシャンプーです。

 

 

スキンケア感覚で髪や頭皮を洗うことができるということです。

どのようなシャンプーなのかを成分も含めて見ていきましょう。

 

Sponsored Link

☆MARUってどんなシャンプーなの?

最近SNS広告などでもよく見かけるMARUというシャンプーがあります。

サイトを覗いてみると肌に着目したシャンプーということです。

 

ダメージを回復させるというよりは使うほどにきれいな肌や髪を育んでいくという発想のようです。

髪や頭皮のもつちあkらを発揮させるためのサポートケア用品という感じですかね。

 

どのようなシャンプーなのか詳しく見ていくことにしたいと思います。

 

スキンケア感覚の安心のMARUシャンプーって

シャンプーといえばやはり切れに髪を洗うことが目的になります。

MARUは髪というよりは髪が生えてくる肌・・・つまり頭皮に着目したシャンプーです。

 

そして、頭皮も顔や体につながる肌の一部という考え方に至りました。

結果的に全身洗えるシャンプーになったということです。

 

赤ちゃんにも使えるほどの優しさを実現したとうたっていますがその根拠もあるみたいです。

 

最近では○○フリーなんてのが流行っていますがMARUも多くのフリーを実現しています。

10種類の不使用を宣言しています。

 

また、14種類のボタニカル成分を配合して髪や頭皮の保護や保湿を強化しています。

そして、18種類のアミノ酸成分を配合して髪の補修効果を狙っています。

 

気になるお値段ですが

 

400mlで1900円(税込み2025円)

 

となります。

トリートメントも同じ価格になります。

ちょっとお高めですが手がでない範囲ではないでしょう。

 

トライアルセットは80mlのシャンプーとトリートメントがセットになって1200円とこちらは高いかな~と感じました。

 

MARUの成分は安心か

女性が好きそうないろいろな天然成分が含まれているうえに有害であったり刺激が強いといわれている成分が排除されているといっていますね。

しかし、成分表を確認しないことには本当かどうかはわかりません。

 

どのような成分になっているのかをチェックしていきたいと思います。

やはり一番チェックしておきたいのは洗浄成分の強さかと思います。

 

〇MARUシャンプー成分

水、コカミドメチルMEA、コカミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、BG、グリセリン、センブリエキス、ジオウ根エキス、オタネニンジン根エキス、セラミド2、加水分解ヒアルロン酸、水添レシチン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アルギニン、アラニン、アラントイン、リシンHCl、プロリン、チロシン、セリン、タウリン、グリシン、フェニルアラニン、イソロイシン、ロイシン、バリン、グアニル酸2Na、イノシン酸2Na、ヒスチジンHCl、グルタミン酸、シスチン、トリプトファン、メチオニン、ローズマリー葉エキス、ラベンダー花エキス、セージ葉エキス、タチジャコウソウ花/葉エキス、セイヨウノコギリソウエキス、セイヨウサンザシ果実エキス、ビルベリー葉エキス、キュウリ果実エキス、カンゾウ根エキス、ムクロジ果皮エキス、ポリクオタニウム-10、塩化Na、変性アルコール、EDTA-4Na、クエン酸、安息香酸Na、フェノキシエタノール、ラベンダー油

 

MARUの洗浄成分は次の成分になります。

  1. コカミドメチルMEA
  2. コカミドプロピルベタイン
  3. ラウロイルメチルアラニンNa

 

・・・すばらしい。

大変よくできましたレベルの成分配合かと思います。

 

 

もちろん8000クラスのシャンプーなどと比べると劣りますが一般的な値段の中ではかなりバランスがよく低刺激の成分で構成されているのではないでしょうか。

 

ふつうは3番目くらいにオレフィンスルホン酸なんていう洗浄力の強い成分が来て台無しなんてことが多いのです。

MARUの成分はどれもアミノ酸シャンプーで使用される低刺激で優しい成分ばかりになります。

 

もちろん植物エキスも配合されていますので広告に嘘はないのではないかとかじます。

とはいえ植物エキスなどの成分はほんの数パーセントですので大きな期待はできないかと思います。

 

少ししっかりした保湿力があるのかなといったレベルではないかと推測します。

成分配合から見ても低刺激で肌に優しいということは納得できるレベルなのかな。

 

Sponsored Link

☆今回の美髪♥開運アンサー

今回はMARUという肌にやさしいシャンプーがあるということで調べてみました。

結論は、MARUシャンプーは洗浄成分もアミノ酸シャンプーで使用されるものであり優しいといるでしょう。

 

敏感肌の女性が増えている中で本当に肌や頭皮にやさしいものを見つけるのは大変なことです。

シャンプーを選ぶ要素は香りや洗い心地などいろいろあります。

 

しかし敏感肌や子供の一緒んに使用したいと思われている方にとってはやはり成分は大切なチェック項目になります。

特に正常成分の強弱によって毎日の肌への負担が大きく変わってきます。

 

そんな不安を解消してくれそうなMARUシャンプーはスキンケア感覚で体まで洗えるやさしさだといっています。

そのほかにもお子さんに使えそうなシャンプーはこちらも良いかもしれません。

子供と一緒に使えるシャンプーはマー&ミー?成分解析や購入価格は

 

お子さんのいる方や敏感肌の方は選択肢の一つに入れてもいいかもしれませんね。

 

 

自分に合ったシャンプーをお探しの方はこちらのシャンプー診断をしてみませんか?

シャンプーは髪にあったものを使わないとドンドンダメージが大きくなってしまいます。

シャンプー診断

問1 : あなたがシャンプーに求めるものは?
問2 : あなたは髪にダメージを感じていますか?
問3 : あなたの髪質は?
問4 : あなたの今の髪の状態は?
問5 : あなたはどんな人や会社が作ったシャンプーが良いですか?

自分に合ったシャンプー探しでお困りの方はお試しください(無料です!)

Sponsored Link

Follow me!