石原さとみの髪色はブラウンアッシュ?艶が出て白髪も目立なくなる

Pocket

白髪染め

石原さとみさんは女性もあこがれる女優さんですよね。

綺麗な髪色に興味を持たれている方もおおいのでは?

石原さとみさんもやっているブラウンアッシュという髪色はとってもオススメな髪色なんですよ。

白髪染め出も活用できる色なので白髪も気になりだしている30代には取り入れたい髪色かもしれません。

まだ年というわけでもないしおしゃれな髪色にもしたいけど白髪も隠したいという方にオススメの髪色について見ていきましょう。

上手な白髪の染め方もご紹介します。

ツヤ髪薬膳師のなおです。

本日も当サイトにお越しくださりありがとうございます。

髪が綺麗になると運気が良くなるといいます。

美髪法やファスティングなど髪や体がきれいになって運気がぐいぐい上がるような情報をお届けしていきます。

Sponsored Link

今回のツヤ髪情報や開運方法は次のような疑問をお持ちの方に良いかと思います。

白髪染めってどんな色がおすすめ?

アッシュってそもそもどんな色?

ブラウンアッシュがお勧め理由は?

どんな白髪染めを選べばいいの?

 

☆どんな白髪染めを選ぶか?

白髪が目立つようになり一本ずつの対処では追い付かなくなってきたり面倒くさくなると白髪染めのことも考えるようになりますよね。

白髪染めのタイプもいろいろあるのでどれがいいのか迷いますよね。

 

白髪染めも

  • ヘアカラー・ヘアダイ
  • ヘアマニキュア
  • ヘアカラートリートメント
  • 部分染め

ドラックストアでも購入可能なものも豊富にそろうようになりかなり迷われている方も多いではないでしょうか。

 

成分や特徴をいろいろ調べてみると自分で染めるならこれしかないということがわかってきました。

白髪染めタイプの選び方も見ておきましょう。

 

ヘアダイタイプとトリートメントタイプはどっち?

白髪染めというと一般的には「ヘアダイ」「ヘアカラー」と呼ばれる2剤式のものを言うようです。

2剤式とは染める直前に2つの溶剤を混ぜてから髪に塗るやつですね。

鼻につく臭いがあるやつです。

 

ヘアダイの場合はアルカリ溶剤によってキューティクルを無理やりこじ開けてそこから髪の真に染め液を入れる形式です。

もちろん無理やりキューティクルを開けるので髪は傷みます。

これはもう元には戻りませんのでヘアダイタイプの白髪染めを行うたびに髪は傷んでいくということになります。

そのためヘアダイタイプの白髪染めを行った方の8割にも上る方が髪のダメージを感じているとのことです。

 

またキューティクルが開いたままなので水分も逃げやすくなってしまいます。

この状態が続くことで髪が切れやすくなってしまうのです。

 

さらに自分で行う用の市販白髪染めは美容院で使用するものよりも強くなっているといいます。

理由は自分で白髪染めを行う方が素人で染めるスキルがないから。

 

スキルのない方でもしっかりと白髪を染めるために溶剤の力を強くしているのです。

それでは髪がさらに傷んでしまっても仕方ありませんよね。

 

ではどんな白髪染めタイプがいいのかというとトリートメントタイプがお勧めになります。

 

トリートメントが良い理由

白髪染めトリートメントはトリートメントしながら白髪を染めるということになります。

髪を保護して髪を染めるので髪へのダメージはありません。

というよりもむしろ保護効果で髪を守る力が高まります。

また髪がきれいになるので艶やハリも出やすくなる効果が期待できます。

 

白髪染めは頻繁に行うことになっていきます。

長い目で見ると髪をいたわっていける方法の方が良いはずです。

 

でもどうしてそれほど広まっていないのでしょうか?

理由は・・・・染まりにくい・落ちやすい、です。

 

トリートメントタイプの白髪染めはヘアダイタイプの白髪染めとは反対にキューティクルに染め液を乗せる感じの染め方です。

 

そのためキューティクルが傷んでいると染まる面積が狭くなります。

また、髪の表面にコーティングしているだけになりますので毎日のシャンプーなどでも落ちていきます。

 

ですからマメにトリートメントをしてあげなければ染めたところも色落ちしてしまうことがあるのです。

 

このような手間から白髪染めトリートメントを面倒くさいと嫌煙される方も多いのです。

しかし、どちらにしても髪の毛は伸びてきて根元は白髪になります。

なら、週に何度か行うトリートメントを考えたほうが合理的だと私は思っています。

 

髪の健康やダメージを長い目で見ればトリートメントタイプの白髪染めをお勧めしますね。

 

Sponsored Link

☆白髪が染まりやすい髪色は?

白髪染めを選ぶときにやはり髪色は気になりますよね。

白髪が染まりつつおしゃれな髪色に見えるものを探されていることと思います。

 

あなたも不自然な黒を見かけたことはありませんか?

やはり白髪を染めたいばかりに真っ黒を選ばれる方も多いのですがどうしても違和感のある髪色に見えてしまいます。

 

そこでどんな髪色を選ぶと白髪が目立ちにくくおしゃれに見えるかをお伝えしたいと思います。

 

ブラウン系がおすすめ

白髪染めの髪色で白髪が染まりやすい(隠れやすい)のは「ブラウン系」です。

黒のほうが白髪が染まるんじゃないの?なんて思われる方もいるかもしれませんが実はブラウン系のほうが白髪が目立ちにくいようなのです。

 

自毛がもともと真っ黒という方もいらっしゃいますがやはり少しはブラウン系になっているといいます。

そこに白髪が目立ってくるので真っ黒の髪色で白髪染めをすると自毛も真っ黒に染まります。

白髪も染まりますがどうしてもさが出てしまいます。

 

その差が真っ黒とブラウンではブラウン系のほうが目立ちにくくなるということなんですね。

ブラウン同士の色の差になるか黒とブラウンの差になるかという違いです。

 

目立ちにくさで言えばブラウン系のほうが白髪が目立たないということになるんですね。

また、髪色のトーンもブラウンで上がるので表情も明るく見えおしゃれな感じが出る点もお勧めな理由の一つです。

 

アッシュってどんな色?

ブラウン系が白髪染めの髪色でお勧めなことはご理解いただけたかと思います。

ブラウンの髪色を探していくとブラウン~のようにブラウンをベースにいろいろな髪色がありますよね。

 

最近の流行りは「アッシュ」だそうでブラウンアッシュがおしゃれで可愛い髪色のようです。

イメージで言うと女優の石原さとみさんのような暗髪系の色をイメージするとよいかもしれません。

 

 

でもアッシュってよく聞いたり使うけど実際にはどんな色でどんな効果があるのでしょうか?

 

私もよくわからなかったので調べてみました。

 

アッシュとは言葉の意味自体は「灰色」を指すようです。

しかし実際には髪色を灰色にするのではなく青紫を入れることのようなのです。

 

日本人の髪色は赤やオレンジがもともと入っているので反対色の青紫を入れることで打ち消し合って無彩色である灰色を表現するといわれています。

 

なんだか専門的でよくわからなくなってきました。

で、無彩色にすると何がいいの?って思ってさらに調べてみました。

 

アッシュにすることで得られるおしゃれ効果は

  • 透明感
  • クールな感じに仕上がる
  • 柔らかな印象になる

 

なんだそうです。

・・・超~抽象的な表現ですね。

 

よく言う「透け感」っていうことでしょうね。

ファッション系は感覚表現が難しいです。

 

しかし、髪リッチなりなりに考察してみると次のようなことが言えると結論付けました。

  1. 落ち着いた雰囲気を出せる
  2. ツヤが出やすくなる
  3. ヘアスタイルを選ばずどんな髪型にも合う
  4. 髪が軽くボリュームがあるように見える
  5. 清潔感や上品な感じがでる
  6. 色っぽさもどことなく感じさせることができる

 

このような効果があるのではないかと感じています。

髪色に迷われたらブラウンアッシュがおすすめです。

 

ちなみに美容業界では「アッシュブラウン」ともいうのでしょうか?

どちらも同じだと思っているのですが今度知り合いに確認しときます。

 

☆白髪染めトリートメントを上手に染める秘訣

ヘアカラートリートメントは染まりにくいということがよく言われます。

もちろんヘアダイに比べれば格段に染まりにくいことは否定できません。

 

しかしヘアダイタイプの白髪染めを使用されたことがある方は頭皮への刺激や痛みを感じたことはありませんか?

また、染め終えた後の髪がきしんだりパサついている経験をされている方もいるかもしれません。

 

それだけヘアダイタイプは髪にも頭皮へも負担がかかっているということですね。

刺激面や髪の状態を保護したり保守するということまで考えるとやはりトリートメントが良いです。

 

ではトリートメントタイでも上手に染めるための秘訣についてまとめていきましょう。

 

染まりにくい人とは

ヘアカラートリートメントは染まりにくいし色落ちが早いということでなかなか人気が上がりません。

しかしちょっとしたことを知っておいたり変えることで白髪が目立た炊くなります。

 

染まりが悪いという方は2通りあります。

  1. 一回やれば染まると思っている方
  2. 髪の毛のダメージがひどい方
  3. 染める前の髪が汚れている方

 

このような方はトリートメントは染まりにくいといえます。

1の方は急ぎすぎですね。

パッケージには5分でOKなんてことも書かれていますがこれをうのみにしている方は満足できないでしょう。

ヘアダイタイプよりも力のないトリートメントがヘアダイタイプより早く染まるということはないです。

この表記はしばらく使い続けてそれなりに白髪が目立たないようになった方に向けてかなと思っています。

 

私は初めは30分以上放置してから洗い流しています。

色が浸透したと思ったら週に1回から2回程度5分くらい放置でも大丈夫かと思います。

 

2の方は髪の表面のキューティクルがはがれすぎている方です。

白髪染めトリートメントはキューティクルに付着して染めていきます。

ヘアダイタイプで行っていたり髪の摩擦でキューティクルがはがれてしまったり減ってしまっている方は付着できるところが減るために染まりが悪く見えることになります。

 

3の方はトリートメントを塗る前の髪の毛に汚れや皮脂が残っているためにカラーが乗らないということがあります。

しっかりとシャンプーで洗った後にトリートメントをしてみると色が乗ることがあります。

さらに洗った髪を一度乾かしてから塗ると良いですし、温めるとより効果がでやすくなりますよ。

 

このような方たちは白髪染めトリートメントでは満足のいく成果を出すことが難しいかもしれません。

 

トリートメントでも上手に染める秘訣

では白髪染めトリートメントでも上手に染める方法について詳しくご紹介していきますね。

といってもそれほど大げさなことではありません。

 

白髪染めトリートメントを上手に染める秘訣

  1. 表記時間を当てにしない
  2. 数回で染める意識を持つ
  3. 始めは多すぎるくらいたくさんつける
  4. 髪をきれいにしてから染める
  5. ブラウン系の髪色を選ぶ

の点を守っていただければ染まりの実感を得やすいかと思います。

 

表記時間についてはほとんど短すぎます。

ヘアダイタイプと同じように数十分以上は放置したいところです。

それもべったりと多めに塗りましょう。

 

私はさらにサランラップで巻いて放置しています。

温度が上がったほうが染まりやすいという傾向があるようです。

私の場合は周りへの付着や子供に触られることの防止としても巻いています。

 

初めての方はこれを何日か繰り返しましょう。

3日もすれば白髪が目立たなくなっていると思います。

そうなれば2日~4日に一度くらい5分~10分程度のトリートメントで良くなってきます。

 

髪色もやはり先にお伝えしたようにブラウン系のほうが染まっている感じがわかります。

始めは赤茶に見えますがそのうち同じように同化してきます。

かえって立体感が出ておしゃれ感が増したように見えてくるのでブラウン系をお勧めしています。

 

Sponsored Link

☆今回の美髪♥開運アンサー

今回は白髪染めの髪色をどんな色にしたらいいのかということとどんなタイプの白髪染めを選べばよいのかということを調べてみました。

結論は、髪色はブラウンアッシュが白髪が目立ちにくくおしゃれに見えることがわかりました。

また白髪染めのタイプはトリートメントタイプがお勧めであるといえます。

 

髪色にもいろいろありますがやはり大人の女性として清潔感やおしゃれ感があるほうがいいですよね。

ブラウンアッシュはそんな希望を叶えてくれる髪色だと思います。

 

でもせっかくおしゃれな髪色を選んでも髪自体がぱさぱさのダメージヘアでは残念なことに。

髪もつやつやで切れにしておきたいと思われるならやはりトリートメントタイプがよいのではないでしょうか。

 

これから白髪染めを選ばれる方は参考にしていただければと思います。

 

Sponsored Link

自分に合ったシャンプーをお探しの方はこちらのシャンプー診断をしてみませんか?
シャンプーは髪にあったものを使わないとドンドンダメージが大きくなってしまいます。
自分に合ったシャンプー探しでお困りの方はお試しください(無料です!)

シャンプー診断

問1 : あなたがシャンプーに求めるものは?
問2 : あなたは髪にダメージを感じていますか?
問3 : あなたの髪質は?
問4 : あなたの今の髪の状態は?
問5 : あなたはどんな人や会社が作ったシャンプーが良いですか?

合わせて読みたい美髪開運情報