内臓脂肪と皮下脂肪の違いは?抜け毛薄毛にならない脂肪の落とし方

Pocket

痩せたい

簡単なダイエットで上手に脂肪を落とすことは女性にとっては日ごろから気になることです。

しかし、脂肪にも種類があり内臓脂肪と皮下脂肪があります。

それぞれの性質や落とし方が違うことをご存知でしたか?

それぞれの脂肪の違いを知らないと体重が増えるだけでなく抜け毛や薄毛にもつながってしまうこともあります。

脂肪の正しい落とし方を確認していきます。

 

ツヤ髪薬膳師のなおです。

本日も当サイトにお越しくださりありがとうございます。

髪が綺麗になると運気が良くなるといいます。

美髪法やファスティングなど髪や体がきれいになって運気がぐいぐい上がるような情報をお届けしていきます。

Sponsored Link

今回のツヤ髪情報や開運方法は次のような疑問をお持ちの方に良いかと思います。

脂肪が増えてきたけど原因はどうして?

脂肪に種類があるみたいだけど違いは?

内臓脂肪と皮下脂肪の落とし方は?

簡単で効果があって安全なダイエット方法はあるの?

 

☆脂肪の種類によって落とし方が違う?

女性にとって脂肪は永遠のライバルといえるほど気になる存在という方の多いのでは?

30代にもなると脂肪もだんだんと落ちにくくなりつく一方という方も私の周りに多くいらっしゃいます。

 

少しでもダイエット情報があれば耳が傾くというのが女心ではないかと思っています。

最近では男性でもメタボなどで脂肪率を気にされる方も増えています。

 

ダイエット産業は右肩上がりだと聞きますのでやはり痩せたいけど痩せられないという方が多いということが推測されます。

しかし、意外と痩せることばかりに気を取られていて肝心の脂肪のことについて調べられている方が少ないようなんですね。

 

実は脂肪にも種類があってそれぞれの性質や特徴があるのです。

もちろん落とし方も変わってきますのでせっかくの努力が自分についている脂肪と合っていなければ非効率なやり方になっている可能性もあるのです。

 

そこで今回は脂肪について少し詳しくまとめてみようと思います。

また、それぞれの脂肪の効率的な落とし方と両方同時にダウンさせる方法についてもご紹介していこうかと思います。

 

内臓脂肪と皮下脂肪の違い

まずは脂肪の種類からいきましょう。

内臓脂肪と皮下脂肪という名前は耳にされたことがあるかもしれませんね。

 

まぁ、読んで字のごとくですが内臓につく脂肪と皮膚の下につく脂肪ということですね。

ここまでは多くの方はご存知かと思います。

 

 

ただここからダイエットとなるとなぜか両方の脂肪とも同じ原因で蓄積されて同じ方法で落とすことができると考えてしまうのですね。

確かに、両方とも落とす方法でかぶる部分もありますがそれぞれの特徴に合わせてダイエットをした方がより早く効果的に落とすことが可能になるんです。

 

ちなみに両方とも本来は欲しい脂肪でもあるということはご承知いただきたいと思います。

体にとって必要なものであるから体にとどめるという作用が働くんですね。

 

ただ過剰摂取によって多い分の排せつが追い付かずに体の中にあまり続けていることが問題であるということをはじめにご確認いただいてほしいと思います。

 

●内臓脂肪

まずは内臓脂肪からですがこれは主に腹筋の内側にある腹腔内と呼ばれる内臓がある場所につく脂肪のことです。

内臓付近につく脂肪ですのでお腹周りが大きくなる傾向があります。

 

俗にいう「リンゴ型肥満」と呼ばれる体型になりやすいです。

男性に多く見られるといわれていますが最近では隠れ肥満でスリムだけれでも内臓付近には脂肪が詰まっているという方も出始めているようですね。

 

原因としては食生活の偏りが原因のことが多いです。

食べる量よりも食べるのもがポイントになってきています。

 

そんなに食べてるわけではないけど太るんだよねという方も内臓脂肪がたまっている可能性が高いです。

実は内臓脂肪のほうが糖尿病や脳梗塞などの病気につながりやすい肥満だといわれているので内臓脂肪が多いようなら注意が必要かもしれません。

 

●皮下脂肪

皮下脂肪は皮膚の下につく脂肪のことです。

皮膚があればどこでもつくという性質がありますがやはりあまり動かない場所につくことが多いといわれています。

 

皮下脂肪は女性のほうが付きやすく特にウェストやお尻・太ももなど下半身につきやすい傾向があります。

こちらは「洋ナシ型肥満」と呼ばれています。

 

皮下脂肪が増える原因は単純に食べる量が多いということにつきます。

と同時に運動不足でカロリーが消費されていないということが挙げられます。

 

先ほども言いましたウェストやお尻・モモなどは意識的に動かさなければ意外と動かない筋肉だそうです。

そのため大きな筋肉の付近に脂肪が集まりやすい傾向があるそうです。

 

間違ったダイエット方法で抜け毛や薄毛に

脂肪が適切な量でない方はいくつかの原因が挙げられます。

初めに思いつくのはやはり食べ物に関することでしょう。

 

先にも述べました通り

内臓脂肪 : 何を食べているか?

皮下脂肪 : 食べる量

 

これらのことがポイントとなっています。

内臓脂肪の何を食べているかということは、脂質や糖質への関係性があります。

最近流行っている科学的・医学的なダイエット方法は主にこの内臓脂肪に着目しているものが多いということですね。

 

健康に関係のある内臓脂肪を減らすためにお医者さんなどが推奨する方法が結果的にダイエット方法になっていたということから広がりを見せているということでしょう。

しかし、脂肪が増える原因をたどっていくと食べ物が偏ったり過剰になる精神的な原因であったり生活習慣の意識不足などがあるのです。

 

 

人によっては肥満は結果であって大きな原因が過剰なストレスだったりホルモンバランスの乱れなんてことも少なくありません。

実は肥満度と比例して抜け毛や薄毛になられる方の数も増えることもあるようです。

 

 

確かにストレスや生活習慣・食習慣の乱れは髪の毛とも関係があります。

また脂肪がたまるということは体の老廃物の代謝も追いついていないということになります。

 

老廃物のデトックスは排泄行為以外では皮膚から代謝をします。

そのなかでも頭皮は体の部位で最大のデトックスエリアといわれています。

 

つまりあなたの頭皮の毛穴には体内で処理しきれなかった老廃物や脂肪が集まっているということが予想されますね。

頭皮が脂性になってきたり乾燥が過度に進んでいるようならその可能性は高いかもしれません。

 

こうなるといくら頭皮をケアしても抜け毛や薄毛の進行を止めることは難しいかもしれませんね。

根本的に脂肪を減らし精神的安定を確保して自律神経を正常化する必要があります。

 

内臓脂肪と皮下脂肪の落とし方

では内臓脂肪と皮下脂肪の落とし方に違いはあるのでしょうか?

それぞれの脂肪が付く原因から考えると判ると思いますがそれぞれに違いはあります。

 

まず内臓脂肪ですがこちらは食べるものの種類や質です。

食べるものがいつもファーストフードやコンビニ弁当では偏りが大きくなります。

また、添加物も脂肪に蓄積して代謝を阻害しますのでより落ちにくい脂肪になってしまいます。

 

できるだけ手作りの物や添加物が少ないものを選ぶようにすることで脂肪がつきにくく落ちやすい体になっていくでしょう。

糖質・脂質の管理をしながら食物繊維などを多く摂るように心がけて栄養バランスを取るようにしていきます。

 

皮下脂肪の場合は食べる量と運動です。

単純に食べる量(カロリー)が多いのでカロリー計算をしながら食べるようにしましょう。

 

 

そして体(筋肉)を動かすことで皮下脂肪が柔らかくなり落ちやすくなります。

有酸素運動や腰回りの筋トレなどは効果が高いといわれています。

 

Sponsored Link

☆脂肪の効率的で効果の高いダイエット方法

ここまでは内臓脂肪と皮下脂肪について詳しく見てきました。

それぞれの特徴や着き方・落とし方の違いについてはわかってきたかと思います。

 

・・・でもわかっていてもそれが出来ないんだよねぇ。

というお気持ちよくわかります。

 

ダイエットといってもいろいろな方法があります。

しかし、内臓脂肪ダイエットであれ皮下脂肪ダイエットであれ次々と新しい方法がでてくるということはやはり効果がでてこないということではないでしょうか。

 

というよりもきっとしっかりやれば効果は出るんだけど続かなかったり難しかったりと成果を手にするまでに困難があるということなのかもしれません。

もしくは自分の脂肪性質と合っていない方法を選んでしまって効果を感じられないということもありますよね。

 

ここからはダイエットがどうしてうまくいかないのかという理由と上手にだえっとを成功させる秘訣について見ていきましょう。

内臓脂肪も皮下脂肪も両方減らせる方法もご紹介しますので参考にしてみてください。

 

ダイエットがうまくいかない理由

ダイエットがうまくいかないという方手を上げてください~い、なんてセミナー風に聞いて見ると多くの方の手が上がることが想像できます。

もちろん成功されている方もいらっしゃるかと思いますが、成功率を見ればかなり少ないのではないかと・・・。

 

うまくいかない原因は何だろうと嫁様ともよく話をしていました(今はダイエット成功者になっているのでそういう話はなくなりましたが)。

私の嫁様も数々のダイエットを試してきましたが次々と挫折をしてきました。

 

そこで今までの失敗からどんな点が失敗の原因になりやすいかをチェックしてみました。

  • つらい・きつい
  • 無料・安いばかりのものを探していた
  • 効果(体重変化)がなかなか起こらない
  • 継続期間が長い
  • 生活リズムを変えなければいけない

 

これらのことがネックとなりやめていく傾向がありました。

やはり女性でお子さんがいたりすると生活のリズムを変えてトレーニングの時間を作ることは難しいということは横で見ていて感じましたね。

 

このような原因ややめてしまう原因について心当たりがあったり共感される方もいるのではないでしょうか?

しかし、しっかりとした考えや取り組みで効果がでる方法を私たち夫婦は出会えたので良かったです。

 

まさにマインドセットというべき考え方を変えることで簡単に数日で痩せることを実感できました。

 

つらくなく短期間で成果が出るダイエット方法

いろいろ原因を探っていくうちに夫婦二人で一致した大きな原因は「無料・安いものを探していた」ことです!

お金をかければいいということではないですよ。

 

でも安いものにはそれなりの理由があるということに気が付いたのです。

やりたいことに(体重を減らすという夢)お金をそれなりにかけるということは自分の人生を大切にすることになるのではないだろうか?

と二人で話しました。

 

そして、次のようなことに着目して条件を満たすような方法を探し実践しました。

  1. 生活のリズムを無理に変えなくてよい方法
  2. つらくない
  3. バストダウンや筋肉ダウンがない(健康低下がない)
  4. 短期間で変化が出る
  5. 何度でもやることができる
  6. できれば健康増進につながる
  7. お金はかけても1年で10万円は出さない

 

これらのことを考えていろいろな方法を探してみました。

するだけ・つけるだけダイエットは避けるようにしました(安いものが多かったから)。

 

結局価格に訴求しているダイエットは私たちには向かないことがわかりました。

そんな中から上記の条件を満たした方法がありました。

 

・・・・・

 

 

ファスティングです。

 

結構条件きついかなと思いつつ探していたのですが実は心理カウンセリング手法から見つけたのです。

始めは断食療法として「きつい」に当てはまる方法でしたが精神がすっきりするということで自律神経の安定につながると候補にあげました。

 

調べてみるとファスティングは断食のバージョンアップ的な方法であることがわかりました。

そこで何度かトライしていくうちに楽しくできるまでにメソッドを確立できたのです。

 

結果的には酵素ドリンクとローヤルゼリーサプリメントを合わせて行う方法に落ち着きました。

 

この方法は3日断食で3kg痩せる効果が出せました。

 

嫁様はつらくないと結局1か月で3回ほどファスティングをして8kg痩せることができました。

1か月で8kgは嫁様にとっては夢のようなダウン量だったようです。

 

調べてみると内臓脂肪と皮下脂肪療法に効果もあるということです。

さらに健康増進効果がかなりあるのでもうこれからは定期的にファスティングを行うようにしていこうということになりました。

 

ただ知識なく闇雲に行うとちょっと大変なようなので取り組まれる方はしっかり情報収集や勉強をしてから行った方が間違いやトラブルがなくて良いかもしれませんね。

しかし、一度習得すればスタイルや健康に関する不安からは解消されるのでおすすめです。

 

Sponsored Link

美髪・美肌になるためにファスティングはとても効果的でお勧めなんですよ。

無料診断であなたに最適のファスティング期間をチェックしてみてはいかがですか?

ファスティング期間診断

問1 : あなたはファスティング(断食)が怖いですか?
問2 : あなたは日ごろからよく食べるほうですか?
問3 : 外食やコンビニなどの食事が1週間にどれくらいありますか?
問4 : あなたは食べ物に注意している方ですか?
問5 : あなたは我慢強い方ですか?
問6 : ファスティングをどのように行いたいですか?
問7 : ファスティングを行うときの環境を優先しますか?
問8 : ファスティングを行う知識はありますか?
問9 : あなたファスティングを成功させるためにお金をかけることも(サポートを付けること)必要だと思いますか?
問10 : 最後に、あなたはファスティングを自分で行えるほど理解していますか?

☆今回の美髪♥開運アンサー

今回は内臓脂肪と皮下脂肪の違いや原因についてまとめてみました。

結論は、内臓脂肪と皮下脂肪には違いがあり原因や落とし方にも違いがあることがわかりました。

 

脂肪は病気に関係してくると同時に抜け毛や薄毛など女性(男性も?)にとっては気になることへの原因にもつながります。

特に頭皮はデトックスが盛んにおこなわれる部位であるだけに体に老廃物や毒素が溜まることは避けたいところです。

 

同時に脂肪の落とし方も気になるところですよね。

むしろダイエットが気になるからこそ脂肪について調べたのだと思います。

 

そこでおすすめのダイエット方法としてファスティングを行うことをご消化しいました。

ファスティングはもともと療法としても古代の医学的手法でもあります。

 

ファスティングを知りたい方はこちらをご覧ください。

1か月で8kgダウン!薬膳ファスティング(断食)サポートプログラム

 

内臓を休めることで体の中のいらないものの代謝力を上げて体をきれいに軽くするという方法です。

生活のリズムを変えることなく行えるので時間的には取り組みやすいかと思います。

 

酵素ドリンクやサプリメントを併用することでつらさもなく不調を防ぎながら行うことができるんです。

また、一度習得してしまえば今後何度でもいつでも行えるという魅力があります。

 

健康やスタイルを維持する方法を持っているということが心の強さにもつながり女性らしい心のある美しさを持てるようになるのではないかと思います。

 

 

自分に合ったシャンプーをお探しの方はこちらのシャンプー診断をしてみませんか?

シャンプーは髪にあったものを使わないとドンドンダメージが大きくなってしまいます。

自分に合ったシャンプー探しでお困りの方はお試しください(無料です!)

Sponsored Link

合わせて読みたい美髪開運情報